在宅ワークと内職の違い

在宅ワークとは、会社に出向かなくても家で仕事ができることを指します。
つまり、内職も在宅ワークの範疇に入りますので、在宅ワークと内職は同一のものと考えてもらってもかまわないでしょう。
最近では、クラウドソーシングといったパソコンを使ったお仕事が主流になりつつありますが、昔ながらの手仕事の求人も多くあります。
ラベル、シール貼り、化粧品サンプルの袋詰めなどは、単価は安いものの、簡単にできる仕事として人気があるようですね。

最近では、あまり耳にすることがなくなった内職という言葉ですが、在宅ワークと名前を替えただけで、現在でも、需要のある働き方の一つです。
特に、昼間、育児などに追われ、外に出て働くことができない女性たちに人気がありますが、長期間働き続ける人と、短期間で止めてしまう人の差が多い職業ともいえるでしょう。
1度に受注する仕事の量が多く、商品などが場所を取ることもあるため、パソコン一つでお仕事ができるクラウドソーシングとは、やや違った側面があります。
本人にやる気があったとしても、家族からの反対があって続けられないというケースも多いのですが、ベテランの方になると目にも留まらぬ早業で作業を進めていく人がいることも事実です。

在宅ワークはSOHOといったお洒落な言葉で表現されることも多いのですが、内職というと泥臭いイメージがあり、そのイメージによって損をしている部分もあるのではないでしょうか。
在宅ワークとしての内職を希望している場合、新聞の求人折り込みチラシに掲載されていたり、フリーペーパーなどに募集が掲載されていることが多いようです。
余程のことがない限り、採用を断られることはありませんが、賃金は決して高いとは言えないため、手取りを多くしたい場合は数をこなす必要があります。
内職も種類によっては単価の高いものもあり、子育てに忙しい人の場合、賃金が高い仕事を選ぶ傾向が強いようです。
殆どの在宅ワークに納期があるように、手仕事の内職にも納期があることが多いのですが、どうしても納期に間に合わない場合は、早めに連絡を入れるようにしましょう。
在宅ワーク おすすめ スマホ