【宇田氏から学べ!】個人投資家とはどういった活躍をしているのか

「個人投資家と機関投資家の違いとは?」
「宇田謙心さんの評判が気になる」
「どうすれば宇田謙心さんのように個人投資家として活躍できるのか知りたい」

個人投資家は文字通り個人で投資を行う人のことを指し、いわゆる機関投資家に対応する言葉として用いられています。
近年は誰もが気軽に投資を始められるようになった為、これまでの本業で投資に取り組む個人の投資家ではなく、サラリーマンが副業的に投資をする人に用いられる言葉となりました。
つまりは投資信託などで他人に資産の運用を任せる人も、個人投資家に分類されることになります。

http://www.spacebrowse.com/encounter-matching-difference.html

個人投資家の定義とは?宇田謙心さんに学ぶ

ただ、個人で投資といっても商品によって運用の難易度、リスクは大きく違ってきます。
言葉の定義としては、特定の組織に属することなく、単独で投資活動をしている人となっています。
組織の一員となり投資をする人を機関投資家といいますから、対義語としてこの定義は正しく納得できるものだといえるでしょう。
集団で時に広範囲に投資を行う機関投資家は、存在感が大きくて市場を揺さぶったり、無視できない影響を与えることもあります。
その点、個人は1人1人の存在感が小さく、それぞれが異なる意思で行動していますから、市場に影響があるにしても影響を予測するのは困難です。
しかし組織の意思の影響を受けず、しがらみなく投資活動ができるのは間違いないです。

投資のプロが予測しない投資をする個人投資家

そして時々投資のプロが予測しない投資をすることがあるのも、個人投資家の面白いところで読みきれない部分でもあります。
資金量も機関投資家と個人では桁がまるで違いますが、個人でも宇田謙心さんのように億単位の資産を持っていて動かす人は少なからずいます。
そういう人は例え個人でも別格ですし、やはりプロも一目置いていて動向がチェックされる存在となっているものです。
機関投資家は、自社の利益や出資者の為に投資を行い、資金を運用することを目的とします。
個人はむしろ自分や家族の資産形成が主目的で、副業的に収入を安定させたり、老後に備えて投資をする人が殆どです。
専業の人もいるにはいますが、全体からすると非常に少ないですし、その規模は数万人程度といわれます。
多くは短期的に退場しているか、引退しているケースが多いことが分かっています。

市場で活躍している個人の殆どは兼業

理由はやはり失敗するリスクが大きく、大きな失敗に耐えられる余裕のある資金を持っている人が少ないのが理由の1つです。
それから十分な利益が確保できず、増大する老後の不安に耐えかねて引退というケースも珍しくないです。
このように専業は早期に引退する人が多いので、市場で活躍している個人の殆どは兼業ということになります。
日中会社で働いているサラリーマンは、開場の時間が限定される株式とは相性があまり良くないです。
その為、常にチャートに張り付く必要があるデイトレードではなく、中長期的な運用を行うケースが圧倒的です。
具体的には中長期的に伸びそうな企業をいくつか探し出し、資金を分散する形で投資をするのが個人投資家のスタイルといえます。
株式を長く持ち続けることになるので、必然的に株主優待が充実していたり、配当に期待できる企業の銘柄が選ばれます。

株式だけでなくFXに挑戦する投資家も増えている

最近は、株式だけでなくFXに挑戦する投資家も増えています。
株式よりも取引の時間が制限されませんし、何よりレバレッジを効かせられることが大きいです。
当然のことながら、資金よりも大きい金額で取引ができるレバレッジは、リターン増と共にリスクも増加します。
無理な投資は時に大きく資金を損ねたり、一発退場もあり得るので注意が必要です。
経験が浅いにも関わらず大勝負を臨んだり、ビギナーズラックで勘違いした初心者が陥りがちな失敗です。
とはいえ、長年の経験者でも油断すれば足元が掬われるので、個人投資家は常に冷静さが求められますし、リスクと隣り合わせです。

宇田謙心さんから見た個人投資家の難しさとは

リスクを取らないとリターンに期待できないのが投資ですが、機関投資家の真似事はできませんし、ましてや同じようなやり方で勝てるものでもないです。
リスクに対し敏感で、臆病なくらいな人の方が長く資金を維持できますし、長期的に市場に残って挑戦が続けられることが多いです。
仮想通貨や実物資産といった選択肢が増えていますが、いずれも一長一短があるので、自分に合った方法を見つけて選ぶべきでしょう。
それと特定の投資における銘柄に加えて、投資商品も分散させて資金をリスクから守るのが賢明です。
個人投資家の中には、数億どころか数十億円もの資産、資金を有する投資家もいます。

まとめ

勿論、割合は少なくほんの一握りに過ぎませんが、スタートアップ企業に特に集中的に出資する人は、起業家からエンジェル投資家と呼ばれます。
これは創業から間もない企業を対象に、将来性を見込んで投資を行う人をいいます。
企業が軌道に乗ってある程度成長してから、何らかの形で利益を受け取るのがエンジェル投資家の特徴です。
市場に流通する株式やFX、仮想通貨といった商品ではなく、起業家に対して直接的に投資を行う点が異なります。
海外、特に欧米では珍しくありませんが、日本でも同様にスタートアップ企業に個人で出資するケースが増加している傾向です。
今後拡大や定着すれば、スタートアップが活発化して日本からも世界的な新興企業が続々と誕生する可能性があるでしょう。

参考:宇田謙心評判