適切なプロパンガス会社を選びましょう

「プロパンガス会社の乗り換えを考えている」
「プロパンガス会社の選び方を知りたい」
「ガス会社を選ぶ際の注意点は何?」

一般的に全国にプロパンガス会社は数多くあり、会社により契約の内容や料金プランも異なります。
どこを選べば良いのかわからない、そもそもどうやって選べば良いのかと気になっている人も多いことでしょう。
このようなことから、ガス会社を選ぶ手順や、選ぶ際の注意点についてしっかりと把握しておくことが大切です。

ガス会社を選ぶ手順

契約しているガス会社からの検針票や請求書などを用意する

まず最初に選ぶ手順としては、探し始める前に、まずは契約しているガス会社からの検針票や請求書などを用意します。
これらにはどれだけのガスを使ったのかの使用料、どれだけ請求されているのかの金額、契約している料金プラン等が記載されているはずです。
このようなことから事前にこれらを用意しておくことによって、新しい料金プランを提示されたときに、その差額がどのぐらいになるのかを確認しやすくなります。
どこを選べば安くなるのかをわかりやすくなることでしょう。
そして手元に検針票や請求書を用意することができたら、実際に探し始めてみます。
全国に数多くありますが、インターネットやタウンページなどでも気軽に検索することができるでしょう。
インターネットを使えば、自分が求める条件に見合ったところを探すことができるため、まずは住んでいる地域、利用する地域を調べてみることから始めます。

エネルギーとアトックスの深い関係

料金やサービス内容をしっかりと比較する

そして候補にいくつか上がったら連絡を取り、どれくらいの料金になるのかを聞いてみましょう。
比較をしっかりと行うため、一社だけに電話をするのではなく、いくつかのところに料金を聞いてみると良いでしょう。
聞くことができれば、適正価格を提示するところや、サービスが充実していると好みに絞り込みます。
この中から自分が求める条件に近いところがどこなのかを検討しましょう。
実際に一緒に絞り込むことができたら、申し込みを行います。
申し込みの際には、提示されている料金と、申込書に記載されているものに違いがないかどうかを確認します。
疑問や不安点があれば質問をするなど、内容に納得した上で契約に進むことが大切です。
申し込みが終わったらガスボンベ8メーターの交換をしてもらうことになるでしょう。

工事を行う日は立ち会いができる日にしておいた方が無難

交換作業に立ち会う必要は無いものの交換した後に問題なく使えるかどうかの点検を行う場合には、立ち会いが必要です。
工事を行う日は立ち会いができる日にしておいた方が無難です。
立ち会いは契約名義の本人以外にも、家族や同居人でも十分に可能です。
安全に使用することができるとわかったら、書面にサインを行い契約が終了です。

ガス会社を探す際の注意点

このような流れであることがわかりましたが、ガス会社を探す際にはいくつかの注意点があります。
プロパンガスの場合には、全てが使えるわけではありません。
せっかく条件に合うと分かっても場合によっては利用できないところもあるのです。
このようなことが発生しないようにするためにも、いくつかの注意点を把握しておきましょう。

離れているところとは契約することができない

全国にはたくさんのプロパンガスの業者がありますが、離れているところとは契約することができません。
実は物件から拠点までの距離が20キロメートル以内、生万が一の緊急の際に30分ほどで駆けつけられる範囲のみに供給が可能となっているのです。
緊急時の対応等に関しては、法律で定められているものであり、安全に使える環境が整っている代わりに、物件等の距離に制限がかかります。
このようなことから問題なく契約が行える範囲の拠点にあるかどうかを確認しなければなりません。

手間をかけたくない場合には見直しサービスなどを利用する

日本には実際には約一万8000社のプロパンガス会社があるのが実情です。
しかし供給範囲が決まっていて、日本全国に数多くのものがあります。
その中にはホームページもなく、検索しても連絡先さえ出てこないところがあるほどであり、このような中から契約先を選ぶ事はかなり難しいです。
手間をかけたくない場合には、見直しサービスなどを利用するのも1つの手段と言えるでしょう。

不透明な料金メニューではないかどうか

これから契約をするのであれば、希望する条件に1番近い所と契約をしたいものです。
しかし条件に合っているだけではなく、本当に優良な業者であるのかを判断する必要もあります。
その1つが不透明な料金メニューではないかどうかです。
料金メニューが公表されていないところがあるのも実情であり、不透明な状態であれば、提示された料金が本当に適正な価格であるのかどうかの判断をすることができません。
高い料金の所と契約してしまう可能性も大いに考えられるでしょう。
利用する料金が適正価格であるかどうかを把握するためにも、料金の内訳がわからなければなりません。

【まとめ】契約時の料金がいつまで保証されるか

基本料金、重量料金がいくらなのか、それぞれを理解しておく必要があります。
そして契約時の料金がいつまで保証されるのかが重要なポイントです。
契約したときの値段のままずっと利用できるわけではなく、少しずつ値上げされていく可能性が高いです。
契約の際にあまりにも安すぎる料金を提示する場合には、契約が終わった後にどんどん値上がりする可能性も高いです。
近くする場合には、料金が安いかどうかだけではなく、適正価格で継続して使うことができるのかを確認することが重要です。