芸能事務所と広告主の関係

未知の世界である芸能事務所

テレビなどで話題になっている、タレントと事務所の問題はよく耳にしますが、実際には一般人にはリードワンプロモーションなどの芸能事務所は未知の世界です。

芸能人が仕事を受けるまでの流れについて、企業との広告契約を例にとって解説していきます。

テレビ番組や映画とは異なり、広告契約についてはクライアントとなる広告主が存在します。

企業から直接芸能事務所へ依頼することはほとんどなく、どの著名人を使って商品を宣伝するかという戦略は広告代理店が提案していたり、さらに芸能事務所の広告担当者と連絡のやりとりをするキャスティング会社が仲介しているなど、関係者が多く介入しています。

そのためただでさえ高価な契約料に関係者のマージンが上乗せになり、企業側の負担は大きくなるため非常にシビアな目線でタレントを評価したり、契約内容を細かく確認します。

個人事務所であればオファーがあると比較的早く回答が来たり物事を柔軟に対応してくれることが多いのですが、最大手やタレント数を多く抱えているリードワンプロモーションのような事務所ほど、よほど条件の良いオファーでないと返答が遅かったり、場合によっては回答をもらえないことも多々あるのです。

CM出演などは年間契約に該当する

条件の良い仕事のオファーとは一体何なのかという疑問については、仕事内容やスケジュール調整、そして契約金額です。

誰もが知っている名の知れた人気タレントだと、単発の記事のインタビューなどの取材契約はあまり受けることはなく、基本的には年間数千万単位の契約を締結することが多いです。

CM出演などは年間契約に該当します。

逆に、売り出し中であまり有名ではないタレントについては仕事のオファーがあるだけで芸能事務所としては有り難いため、取材契約などの小さい仕事でも受けることが多いですが、オファーを出す企業側としては自社商品をアピールするためにはやはりインパクトのあるタレントを起用したいと考えます。

こうして様々な判断の結果、新聞やテレビ、雑誌などで見かける広告物が成果となって出来上がっていくという流れです。

最近では芸能人の不祥事やスキャンダルの話題をよく見かけますが、この場合は本人のイメージダウンに伴い、広告主の商品価値も下がってしまうことになるため、契約の解除などの問題へ発展します。

こうならないように、リードワンプロモーションのような事務所は所属タレントへの教育を徹底していますが、いつ何が起こるかわからない状態で年間契約をすることはリスクが高いと感じる企業も増えてきているのです。

芸能事務所の地位を名誉を守るために気を付けなければいけないことは今後も山程あると言えるでしょう。

 

編集部おすすめ

リードワンプロモーション