喪中はがきの書き方

不幸な話ですが、家族や親族が亡くなってしまう日が必ずやって来ます。
しばらく悲しみにくれる毎日を過ごさなければなりません。

そして、あなたがやらなくてはならないことがあります。
それは喪中はがきを書くことです。
涙を拭き、はがきに向き合ってください。

しかしながら、喪中はがきを書く機会は滅多にありませんよね。
果たして一体どのような内容を書くべきなのかわからないというのは当然です。

そこで今回は喪中はがきの書き方について解説していこうと思います。

そもそも喪中はがきとは、家族もしくは親族が亡くなったことをお伝えするはがきです。
ですので、基本的に書くべき内容は「喪中につき、新年のご挨拶は失礼させていただきます」という旨を書くだけで問題ありません。

誰が亡くなったのかを明記してください。

また文面だけではあまりにも悲し過ぎるので、イラストを添えると印象が異なります。
喪中はがきでは、ユリの花が描かれていることが多いです。
もちろん大切なのは文面ですので、イラストを印刷する必要はありません。

しかし、ちょっとしたイラストや写真があるだけで、気持ちが軽くなるのは事実です。
これはまさにデザインのマジックというべきものでしょう。
でもユリの花のイラストが書かれたはがきなんて見つからない…と心配されている方はいませんか?

そんな心配はご無用です。
実はインターネット上には喪中はがきのイラストや写真をダウンロードできるサイトが山ほどあるのです。
しかも、ほとんどの場合、完全無料で使用することが可能となっております。

今は本当に便利な時代になりましたね。
無料でイラストや写真が手に入るのです。

まず喪中はがきの無料テンプレートのサイトに行きましょう。
そしてそこに掲載されているデザインを1つずつチェックしていきましょう。
自分の気持ちにぴったりハマるデザインをチョイスしてくださいね。

ある日、急に喪中はがきを書くことになっても心配する必要はありません。

スーツケースやビジネスバッグはサムソナイト

留学や旅行、出張など、私生活でも仕事でも飛行機を使っての移動が当たり前になってきている現代の生活。
それに伴って、荷物の持ち運びにも気を使います。

TPOに合わせた洋服や小物、仕事などでの必要物を持ち運ぶには、結構な量の荷物になってしまう事も。
そして、家族の荷物もとなると、重さも量も倍増。
壊れやすい物から形が崩れやすい物等、人それぞれ。

そんな環境で、長い間スーツケース・ビジネスバッグのトップブランドとして君臨しているのがサムソナイト(samsonito)。
1910年にアメリカ合衆国の中西部に位置するコロラド州最大の都市デンバーで生まれたメーカーです。
高級旅行カバンとして、100年もの歴史と信頼を培ってきたサムソナイト。

サムソナイト

今は、革命的な軽量スーツケースで世界NO,1のスーツケースブランドとして知られています。
飛行機を利用するにあたって、荷物の重量を少しでも軽減するには最適のスーツケースです。
スーツケースやビジネスバッグなど種類や大きさも様々あるのも人気の秘密です。

軽量だけではなく、さらに丈夫なサムソナイトのスーツケース。
どんな荷物を入れても安心して持ち運ぶことができます。
また、スーツケースやバッグを長年使う上で、傷などの修理も心配事の一つです。

その場合も安心できるのが、サムソナイト。
サムソナイトでは、スーツケースやビジネスバッグへの修理に対応できるカスタマーセンターが設けられているため、メンテナンスをしながら長く愛用する事も可能です。

サムソナイトのスーツケースで何処へでも快適な移動を。

転職を決断する時

多くの人が転職を決断する時というのは、現在、勤めている会社に嫌気がさした時が最も多いようです。
一生、この会社に勤めるのかと思うと、若い人なら気が遠くなってしまうことでしょう。

やりがいを感じられず、行きたくないと思えるような会社であるのなら、定年まで勤め上げる自信は湧き上がってこないかもしれません。
こんな時には、思い切って環境を変えてみることも一つの手段だと思います。

私が転職を決断した時も同じです。
一生、この仕事をするのか、この会社に勤めるのかと思ったことがありました。
その時に違うと思ったため、思い切って会社を辞めたのです。

単に会社を辞めて遊び暮らすというわけにはいかなかったため、次にやろうと思っていることをきちんと決めてから会社を辞めました。
生活をしていく上では、次を決めるということは必須と言えるでしょう。

転職先を決めてから今の会社を辞めた方が効率的です。
転職先の面接が今の会社の休日にできるのであれば、会社に居ながらにして面接を受けることができるはずです。
インターネットなどを使っていろいろと探してみるといいでしょう。

今は東南アジアが熱く、タイ転職に関する情報などもネットで盛んに掲載されてます。

転職が決まったら、たとえ嫌な気持ちを持っている現在の会社であっても、円満退社ができるようにした方がいいと思います。
後々、尾を引くようなことがあると困るからです。

そのためには、早めに退職願を出しておいた方がいいでしょう。
仕事の引き継ぎ期間などもあるため、会社に迷惑をかけない辞め方が好ましいと言えます。

どのような表札があるのか

一口に「表札」と言ってもどのような種類があるのか。
馴染みがあるようで、日常生活で頻繁に購入するものではありませんので、いざ表札を用意しようと思っても、どのような表札があるのか解らないものです。

本当は個性的な表札にしたいものの、どこで選べば良いのか解らなかったり表札を販売している場所が解らなかったりといったおかげで、「購入出来るものを購入した」という人も多いようです。

では表札はどのようにして選べば良いのか、表札を選ぶという事はいろいろな表札の事を知っておくべきです。
ではどのようにして知るべきかといえば、選択肢を増やす事が求められます。
大げさに言えば「情報収集」が大切になります。

表札

例えば住宅街を散歩して様々な表札を見てみる事もまた、立派な「情報収集」です。
二つとして同じ表札を見ないケースも珍しくありません。

そのような現実を垣間見る事で、表札に力を入れている人が多いという事実を知る事も出来るはずですし、何より世の中には様々な表札があるという事にも気付かされます。

また、いろいろな表札を見てみる事で自分自身の「理想の表札」の姿も見えてくるはずです。
自分としてはどのような表札が欲しいのか。

単に「表札」とだけ言われても具体的にどのようなものを用意すべきなのかが解らないものの、実際に表札を多々見る事で自分自身のイメージも固まってくるものです。

また、実際に足を運んでどのような表札があるのかをチェックするだけではなく、表札を扱っているサイトをチェックしてみるだけでも十分な「情報収集」です。

ですので、表札をと考えているものの、具体的にどのような表札を用意すれば良いのか解らないと嘆いている人は、まずはどのような表札があるのか。この点から始めてみるべきです。

どのような表札があるのかも解らない段階では、自分自身が求める表札がどのようなものなのかなどなかなか見えてこないものですから、まずは情報収集からです。

 

 

人気急上昇キーワード
カナガンドッグフード