日本人に人気があるバンコクのサービスアパート

タイは日本から近くて物価が安いため、多くの日本人が住んでいます。

最近は若い世代でも長期滞在する人が増えつつあります。

タイが暮らしやすい理由は人によって様々ですが、施設が充実しているのも理由のひとつです。

特にバンコクは交通の利便性が高くインターネット環境も充実しています。

仏教国なので比較的治安も良く、日本人に対して優しい人が多いです。

発展途上国のイメージが強いタイですが、タイの経済は急成長しています。

日本食も簡単に手に入り、日本食レストランの数も多いです。

生活用品も豊富で、日常生活に必要なものはほぼ手に入ります。

 

バンコクはアパートが豊富で便利な街

首都のバンコクは便利なアパートが豊富です。

バンコクに住む日本人の多くがアパートを借りて住んでいます。

日本のアパートと違う点は、家具や家電が最初から備わっていることです。

タイに来てすぐでも、引越し当日から普通の生活が始められます。

サービスアパートも多く、入居者用のプールやジムが付いている物件もあります。

日本人がタイでアパートを探す場合は、日系の不動産会社を利用するケースが多いです。

日系の不動産会社だと日本人のスタッフがサポートしてくれるので、安心して利用することができます。

入居後にアパートでトラブルが発生した場合でも、現地での経験が豊富な日本人スタッフが対処してくれます。

語学に堪能な人であれば、自分で探すこともできます。

日本人はタイでの評判が良いため、比較的アパートの契約がスムーズです。

 

自分のライフスタイルに合わせて選べる

バンコクの住居には様々なタイプがあり、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

分譲マンションの一室を借りるコンドミニアムは、部屋ごとにオーナーが異なります。

部屋の家具や家電はオーナーの好みで決められるので、内装にこだわっているお洒落好きのオーナーだとゴージャスな部屋に住むことができます。

トラブルが発生した倍は、オーナーを通して対処してもらいます。

アパートやマンションは、全体をオーナーが所有しています。

トラブルが発生した場合でもスムーズに解決できるというメリットがあります。

 光熱費は少し高めに設定されていることが多い です。

日系企業の駐在員もよく利用しているのがサービスアパートです。

掃除など家事をしてくれるメイド付きの物件なので、単身者の場合は便利に利用することができます。

便利な反面、賃料はアパートやコンドミニアムよりも高めに設定されています。

バンコクのサービスアパートは交通の便がよい場所にあるので、通勤や通学もスムーズです。

 

こだわりの家づくりが実現する注文住宅

ロイヤルウッドなどの注文住宅の特徴

注文住宅は一般的な分譲住宅と違って外観デザインや間取り、建築素材などを希望通りに選ぶことができる贅沢な家というイメージがあり、実際にラグジュアリーな雰囲気の住宅が目を惹くこともあってあり余る資金がなければ実現不可能という先入観も持たれています。

そういったタイプの贅を尽くしたデザイナーズハウスのような豪華な注文住宅も少なくありませんが、地価が高い大都市圏では限られたスペースを有効活用して少しでもゆとりを感じる住宅にするために、事前に建築主が設計・施工会社と打ち合わせを繰り返して、絶対に実現させたい家族の希望などに優先順位をつけて取捨選択し、予算の範囲内でそれを実現して行くという形式で建てられている住宅も数多く建てられています。

住宅の外観も多くの家が建ち並んでいるエリアでは一軒だけ特殊な外観では変に目立ってしまうこともあって、特異なデザインよりはシンプルなほうが好まれる傾向にもなって来ました。

特に近年、全国で地震が頻発するようになったこともあってデザイン性よりは耐震性の高さが選ばれるようになり、頑丈な構造と言われる正方形をベースにしたデザインも好まれるようになっています。

建築方法も耐震性や免震構造にこだわった素材や工法が選ばれやすくなり、費用がかかってもその点にこそ強くこだわる建築主も増えており、長く暮らして行く上では見た目の豪華さよりも安心安全が何より重要と考える人が増えたことで、注文住宅へのこだわりが以前とは大きく変容して来たと言えます。

省エネ性の高い住宅

さらに注目度が上がっているのが省エネ性の高い住宅で、気密性や断熱性の高い工法で建築され、エネルギー効率の良い設備機器を導入して優れた省エネ性やエコシステムを持ったスマートハウスが人気を博すようになり、その点に強くこだわる人も少なくありません。

家を建てることは生涯で最も大きな買い物になるだけに、希望通りに建てた新居で無理なく節約生活を送るためにも高い省エネ性能を持った住宅であることこそ重要なポイントと考える人を増やしました。

スマートハウスであることに加えて、現代で多くの人が注目しているのが健康に良い住まいづくりです。
新築病とも言われたシックハウス症候群が問題視されるようになって以降、化学物質が多く使われている建材を避けて、自然素材である丸太や無垢材などを使った住宅にこだわる人も増えており、天然木の味わいを生かした住宅ではログハウスが筆頭に挙げられ、都市部でもログハウスでの注文住宅を考える人が増加していると言われます。

野趣あふれるログハウスの雰囲気はアウトドア愛好者ならずとも心惹かれ、木の香りに包まれたライフスタイルそのものに魅了される人を増やすようになりました。
健康に良い住宅という点でも合板などが使われた一般的な住宅とは格段の違いがあり、ログハウスに住み始めてから長年の頭痛が解消したという人や、睡眠の質が向上したという人も出ていると言われるほどです。

スカンジナビア・スタイルと呼ばれる北欧の輸入住宅

ログハウスほど本格的ではなくても木の温もりを感じる家に住みたいと考える人は少なくなく、近年の北欧風インテリアのブームもあってスカンジナビア・スタイルと呼ばれる北欧の輸入住宅への憧れも高まって来ました。

輸入住宅には北欧風のほかプロバンスやスペインに建つ住宅の雰囲気を感じさせる南欧風や、アーリーアメリカン・スタイルという北米の植民地時代や西部開拓時代の趣があるデザインが人気を呼んでいます。

その中でも北欧風の輸入住宅は寒さが厳しい地域で長年使われて来た建材を使って気密性・断熱性を高める工法で建てられていることもあって、高い省エネ性も兼ね備えている点でも高い支持を集めている上、洒落た雰囲気でありながら質実剛健のムードも感じさせる外観デザインも日本人の感性に合い、日本の建材を使った住宅でも北欧風デザインが目立って来ました。

本格的な輸入住宅の場合は建材も現地から取り寄せて建てられることが多いとされ、日本にはない独特の風情を持った住宅になる反面、メンテナンスやリフォームの際には再び原産国から建材を取り寄せる必要があるため、その点で余分な費用が掛かるというデメリットもあるとされます。

ログハウスの場合は乾燥した国から取り寄せた木材が高温多湿の日本では馴染まないケースが少なくないことから、むしろ国内産の木材を使ったほうが数十年単位でメリットが多い家になると言われ、同じログハウスを建てるのであれば木材選びの段階からこだわった注文住宅にしたいと考える人も多く、そのこだわりを実現する設計・施工会社も目立つようになって来ました。

こだわるポイントによっては一般的な住宅を建てるよりも費用が多くかかる注文住宅ではありますが、生涯住み続ける家だけに絶対に譲れない点は譲らずに実現させておくほうが長い目で見た場合に良く、健康にこだわったロイヤルウッドのような家づくりにした場合は、家族が元気で生き生きと過ごせる家になることから、決して高過ぎる買い物ではないということになります。

関東で住宅を購入するならソニー不動産がおすすめ

東京都や神奈川県など、関東の一部地域で住宅を購入しようと考えているなら、ソニー不動産の利用が便利です。

大手のグループに所属しており、安定したサービスで長くお付き合いできるメリットがあります。

この不動産会社をおすすめする理由は、買い主の立場で担当してくれるエージェントがついてくれるからです。

担当者がつくこと自体は他の不動産会社も同じですので、特別珍しい内容には見えないでしょうが、ソニー不動産ではエージェントが売り主の担当まで行うことがないため、両者の間に挟まれてどちらか一方の意見を贔屓にしたり、両者にとって望ましい結果にならない状態になるのを防げるのが強みです。

ソニー不動産では不動産売却も行っていますが、自社が担当する売却物件を買い主に対して押し付けることがありません。

他の不動産会社が公開している物件情報で最適なものがあれば、それをすすんで情報提供してくれますから、買い主にとって最も良い条件で優良物件を手に入れられる可能性を秘めています。

他にも、買い主にとってメリットになる情報を、積極的に提供してくれる仕組みを用意しています。

個別の物件情報だけでなく、周辺地域にある物件情報を全て紹介してくれます。

また、その物件の過去の成約情報も見せてくれますから、怪しい物件を購入してしまうリスクを回避できます。

取り扱っている物件は中古一戸建てや中古マンションだけではありません。

これから新築一戸建てを建てたいと望む人にとって適した土地の情報も用意してくれます。

土地活用をするにもおすすめです。

不動産会社を通じて住宅や土地などの不動産を購入すると、仲介を行ってくれた不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。

当然ながら仲介手数料が少ないほどお得に不動産を購入できるようになりますが、この仲介手数料に関しても、ソニー不動産を利用することによってお得に済ませることが可能です。

条件にあてはまりさえすれば、5万円割引になるサービスを提供中です。

気になる条件の内容は、内見回数が5回以下で購入した場合、もしくは自分自身で購入希望物件を見つけた場合です。

ただし、物件の種類やその他の内容によっては条件が適用されない場合がありますので、エージェントに詳しいことを聞いておくようにしたいところです。

無料で問い合わせができます。

まだ具体的な物件の希望がない場合や、相談のみの場合でも受け付けていますから、まずは気軽に話を聞いてみることをおすすめします。

■リノベーション物件もあるソニー不動産

ソニー不動産は東京を初め、神奈川県と埼玉県、千葉県の1都3県をサービスエリアにしている不動産会社、売り主だけのエージェントとして、物件情報をオープンに公開する、囲い込みを行わない営業スタイルを持つなどの特徴があります。

また、オープンに物件情報を公開する事で、より多くの購入希望者に対して物件公開が出来るので、結果的により早く売却が出来る可能性が高まります。

マイホーム売却を行う目的は人それぞれではありますが、買い替えなどの場合、既存の住宅ローンの支払いと住み替えする住宅ローンの支払いの2つが必要になった場合、早い段階で売却が出来ればローン支払いの負担が少なくなる、固定資産税の支払いにおいても、所有権が移るまでの間は所有者の納税義務があるので、早く売却出来れば納税への負担軽減にも繋がります。

ソニー不動産が取り扱う物件は、購入物件だけではなく、収益物件や賃貸物件などもあります。

購入物件の中には一戸建て住宅やマンションなどの住居物件、注文住宅で家を建築する際に必要になる土地物件など、ニーズに合う不動産物件を1都3県の中で数多く取り扱っているわけです。

ソニー不動産が取り扱う不動産物件の中にはリノベーション物件もあります。

リノベーションとは建物の骨格だけを残して間取りを変える事が出来るリフォーム手法で、骨格だけにしてから間取りを作りだす事からもスケルトンリフォームとも言われています。

住宅の水回りを変える事が出来るのも、一旦建物をスケルトンの状態にするからなのです。

水回りは給水管や排水路などがあるので、普通のリフォームではこれらの設備を用意に変更する事は出来ません。

その点、リノベーションは建物の柱などの構造体以外をすべて撤去してしまうので、排水路を新たに設ける事も出来ますし、給水管の引き回しについても自在に出来るようになります。

マンションなどの場合、4LDKの間取りを2LDKにする事も可能ですし、浴室があった場所をサービスルームにし、浴室をバルコニー側に設け、浴室から外の景色を眺める事出来る空間に変える事も出来ます。

リノベーションが行われているので、室内は新築と同じような状態になっている、駅から近い新築マンションを購入するよりも価格が安いなどの理由からもリノベーション物件は注目を集めています。

こうした人気の高い物件もソニー不動産が紹介してくれる、売り主のエージェントなり物件紹介を行っている不動産会社です。

■売主に様々なメリットが生じるソニー不動産

住宅を売りたいと考え始めた時、住宅を販売するために不動産業者に業務委託します。

その際、媒介契約書を交わして取り決めを行うのが常です。

契約内容の一つとして、「片手仲介」と「両手仲介」というものがあります。

日本における不動産業者は、通常は両手仲介です。

しかし、海外では既に合理的とみなされている片手仲介を導入したのが、ソニー不動産です。

この不動産業者が原則的に片手仲介を採用している理由は何なのでしょうか。

片手仲介と両手仲介との差は、不動産業者にとっての都合に関連するのではと考える人も多いでしょう。

事実、業者側の視点で見れば、利益に大きい違いが生じるので間違いとは言えません。

ですが、顧客の視点で見れば、この2つの仲介の差は、もっと別な部分にあります。

片手仲介では、売主と買主のサポートを違う不動産業者が行います。

そのため、業者が得る仲介手数料は、売主あるいは買主のいずれか一方だけとなります。

不動産先進国として知られるアメリカでは、片手仲介が一般的です。

なぜなら、自分たちの担当する顧客を何よりも第一に考えられるからです。

ここで、ソニー不動産が住宅を販売する時に手抜きをするのでは、と不安を抱く人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この不動産業者が行う片手仲介では、業務上でも売主側に数多くのメリットがあるため、安心して利用できます。

片手仲介を行うことによって、ソニー不動産が得られる手数料は両手仲介に比べると半分です。

広告費用をはじめ、必要となる費用は決して少なくありません。

片手仲介を徹底しているソニー不動産では、不動産を売却するために沢山の不動産業者に頼ります。

その広告の最大化こそ、ソニー不動産を活用する一番大きなメリットと言えます。

つまり、大手を筆頭に、地元の不動産業者のサイトで情報が共有されます。

それぞれの企業は自社サイトで広告掲載を行いますが、それだけではありません。

各業者が持っている情報として、物件の購入希望者に情報提供されます。

これによって、より早い物件の売買を実現します。

つまり、この不動産業者が行っている片手仲介の場合、売主の利益のだけ追求することを重視して、買主および買主の不動産業者に適切な対応を行ってくれます。

例えば、買主の方でのリフォームを推奨するなど、売主側の立場で色々な提案を行い、売主に対して絶対的な味方となって利益を確保します。

このように、片手仲介においては顧客の側に沢山のメリットが生じます。