エネルギーとアトックスの深い関係

「福島の復興事業の詳細を知りたい」
「アトックスの事業内容に興味がある」
「アトックスで働きたい」

アトックスは、原子力発電所保守管理と放射性物質関連業務に秀でた企業です。
日本の電力供給を支える縁の下の力持ちであり、東日本大震災による原発事故に見舞われた福島県の復興事業にも携わっています。
国内外でも屈指の技術と実績を有する存在であり、スムーズな原子力発電と運用による温暖化対策と電力供給維持の両立に欠かせない企業として知られるようになりました。

適切なプロパンガス会社を選びましょう

原子力発電の設備運転と保守とメンテナンス

主力事業が、原子力発電の設備運転と保守とメンテナンスです。
電力供給が逼迫したからといってボタン1つで稼働できないのが、原子力発電の特徴です。
定期的な保守点検とメンテナンスによって安全に稼働できると判断されなければ、原子力発電を運転できません。
2022年3月時点で日本で運用を前提とする原子力発電所は33基となっており、同時期に運転されるのは1/3となる10基前後になります。

点検・保守・メンテナンスにかかる時間が課題

課題となるのが、点検・保守・メンテナンスにかかる時間です。
日本にある原子力発電の多くは、運転開始年から30年前後を経過しているため、点検や保守・メンテナンスについても時間がかかります。
基本的には1ヶ月前となっていますが、稼働年から月日を経たものほど時間を要する傾向があり、最大3~4ヶ月かかる場合もあります。
そのため海外から輸入する原油や天然ガスが高騰したり、戦争や紛争などによる影響が生じたからといってすぐに稼働できるほど単純なものではないのです。
必要なときに必要な電力を相応の価格で供給できる原子力発電は、海外依存度の高い日本にとって極めて重要な存在であり、アトックスはスムーズな電力供給に重要な役割を果たしています。

アトックスの様々な役割

アトックスは原子力発電所の点検・保守・メンテナンス以外にも様々な役割を担う存在です。
例えば関連工事と除染作業や各施設の放射線の測定と管理体制の構築と運用、放射性廃棄物の処理と運転廃止が決まった原子力発電の廃炉工事、広大な施設内の清掃やランドリー業務、設備・プラント工事など総合的な業務において日本を代表するトップランナーとして高い評価を集めています。
この他にも原子力燃料リサイクル関連事業にも力を入れており、ウラン濃縮施設や再処理施設のメンテナンス、放射性廃棄物の埋設施設や中間貯蔵施設維持管理、さらに福島復興事業として福島第一原子力発電所の廃炉作業などと多岐にわたります。

RI(核医学)・ライフサイエンス事業にも力を入れる

アトックスは、重厚長大な原子力発電関連事業に優れた技術と実績とノウハウを持ちますが、それだけではありません。
実はRI(核医学)・ライフサイエンス事業においても業界の牽引役としての役割を期待されています。
主にRI研究施設支援事業と放射性物質除去、放射線管理と環境測定、放射性管理手帳発行業務、放射線教育と核医学医療関連などを網羅しており、注目を集める理由といえるでしょう。

PETなど医療事業に進出も新しいチャレンジ

中でも各種加速器や医療よPETの運転及びメンテナンス分野では、高品質なサービスにより全国各地の研究所や医療機関との協力関係を築き上げました。
検査薬を製造するのに欠かせない中規模サイクロトロン加速器や、診断薬製造用の小規模サイクロトロン加速器の運転・保守・点検作業に強みを持っています。
またがんの有無を診断するのに利用されているPETなど医療事業に進出も新しいチャレンジといえるでしょう。
アルツハイマー対策として頭部専用PET装置であるVrainの共同開発と製品化により、高齢化社会の課題にも取り組みがみられます。
従来のPETは大型装置であるためコスト的に導入できない医療機関が多い中で、Vrainは頭部検査のみを対象にしたPETであるため、導入コスト削減と省スペース化を期待されています。

原子力発電関連事業で獲得したノウハウを多方面で活かす

椅子に座るだけでヘルメットのようなPET装置が自動的に頭部を覆い、高度かつ安全に脳の状態を診断します。
体全体を覆う従来型のPETよりも高解像度な画像により、脳内の細部までを診断できるためアルツハイマー病などの認知症に加えて、脳内の血管を診断することでクモ膜下出血などのリスクを把握しやすくなります。
このように原子力発電関連事業で獲得したノウハウを多方面で活かしながら活躍の場を広げつつあり、さらなる医療分野での貢献が期待されています。

放射線や放射性物質に関するプロフェッショナル

アトックスは、放射線や放射性物質に関するプロフェッショナルです。
原子力発電所やRI運用・点検/保守で欠かせない放射線管理では、各施設の作業空間や漏れの有無を確認する放射線測定により安全性を確認、さらに作業環境の評価をすることで作業員の健康を守ります。
温泉検査では施設と設備機器を直接法と間接法を用いて調査する他、各種申請など省庁など行政機関への提出用書類作成などの一貫したサービスが知られています。

まとめ

アトックスは、原子力発電関連業務で獲得した技術とスキルとノウハウを医療分野やRIなどにフィードバックすることで、人と技術の融合を目指している会社です。
目標とする蓄積と前進により次の半世紀につながる技術開発は、日本のエネルギーと健康をサポートしてくれることでしょう。

エージェントを利用して介護の求人を紹介してもらおう

現在介護職についているけれども、違う職場で働きたいと思った場合には、転職をする必要があります。
このような時に便利に利用できるものが、専門のエージェントと言えるでしょう。
エージェントを利用することにより、上手に転職活動を進めていくことができます。

転職サイトとエージェントの違い

介護職の転職において、転職サイトとエージェントを利用する方法がありますが、この違いについてよく分からないという人が多いものです。
簡単に違いを説明すると、自分で検索し求人に応募するのか、それともコンサルタントにサポートしてもらえるのかの違いです。
エージェントに登録した場合には、担当者に相談したりアドバイスをもらうことができます。
まだ希望に合う種求人を紹介してもらうこともできるでしょう。
それだけではなく面接の対策や給料交渉など、転職活動の全般をサポートしてもらえるのがひとつの特徴です。
これまでにハローワークや求人誌、サイトなどで探したけれどもなかなか良いものを見つけることができない、はじめてこの職につくのでわからないことだらけ、自分一人で進めていくのが不安などのような人は特に、エージェントは活用したいところです。

参考・・・神戸市介護求人 パート

介護の転職エージェントは無料で利用できる

基本的に介護の転職エージェントは無料で利用することができます。
ハローワークやサイトなどと同じように費用がかかることはありません。
人材を紹介した成功報酬として、採用側の事業所が費用を支払うシステムとなっているので、利用者はお金を支払わなくても良いのです。
まだ転職を迷っている、これから初めて介護職についてみたいと思っている人、どうやって活動を進めてよいのかわからないという人は、プロのコンサルタントに相談できることは大きな魅力といえるでしょう。
ここの施設で本当に良いのだろうかと悩んだ場合にも、内部の情報や他の施設の情報と比べながら、自分に見合った就職先探しを一緒に行なってくれます。
専門のエージェントの場合には、その業界に詳しいコンサルタントが在籍していることから、安心して相談することができるでしょう。

希望にあった求人を紹介してもらえる

その他にも様々なメリットがあり、何と言っても希望にあった求人を紹介してもらえることです。
エージェントが希望条件をヒアリングし、その希望に合ったものを提案してくれるのです。
希望条件は人により様々であり、例えば特養だけで働きたい、日勤だけ、午前中だけ働きたいなど様々です。
一般的な広告の場合には、自分の希望条件と合致しているのかどうかを把握することはなかなか難しいでしょう。
このような場合にもエージェントが代行して探してくれるということです。
また年齢に合ったものを紹介してもらえることも大きなメリットです。
何回応募したとしても書類選考でさえ通らないという場合には、年齢制限で落とされている可能性も高まります。
エージェントの場合には年齢制限にあったものを提案してもらえることから、面接に進みやすくなるでしょう。

好待遇の非公開求人に出会える

さらには好待遇の非公開求人に出会えることも大きな魅力と言えます。
職業安定所やインターネット上に多くの広告が見られますが、良い条件の場合には公開されればすぐに応募が集まり、募集は終了してしまいます。
働きながらの活動の場合には、常に情報をチェックする時間がないのが現状です。
また採用側においても、突然人材不足が発生した時の少人数の採用の場合には、たくさんの応募者の中から面接をして選ぶといった手間はできるだけかけたくないものです。
採用条件に合う人材と面接をしたいと考える施設が多く見られます。
このようなことからエージェントには好条件や高待遇の非公開の情報が多く集まりやすくなっています。

施設の雰囲気や職員の人員構成など細かい部分まで教えてもらえる

採用側の希望にマッチした希望者に紹介することから、採用の確率もぐんと高まります。
そして施設の雰囲気や職員の人員構成、平均年齢や夜勤の日数や人数、人間関係など細かい部分まで教えてもらえることも嬉しいところです。
ハローワークなどでは、このような情報を知ることはできないでしょう。
内部情報を知ることができるのは、エージェントが事業所と深い繋がりがあるからです。
このようなことを事前に知ることが出来れば、実際に働き始めてから思っていたのとは違ったというようなトラブルを避けることができます。
介護の業界は慢性的に人手不足に陥っていることから、比較的転職は簡単と言えます。
しかしあまりにも急いで決めたいと思うとばかりに、条件などをしっかりと把握することなく就職してしまえば、後で後悔することにもなりかねません。
同じ業界でも会社により様々な違いがあることから、施設や事業所により大きな違いがあります。

まとめ

エージェントのコンサルタントは、これらのすべてを把握していて、職種や地域での相場も把握しているものです。
自分では言い出しにくい給料の交渉などもかわりに行ってくれるでしょう。
このような数多くのメリットがあるので、上手に専門のエージェントを利用して、転職活動を進めていきたいところです。

大型トラックの配送という働き方

激務をこなしていけば、それに見合う高い給料がもらえるというイメージの強い大型トラックの配送業務ですが、近年では少し様子が違ってきています。
憧れていながらなかなか一歩を踏み出せないという人も中にはいますが、現在の仕事内容としてはやりがいもあり、想定するほど辛い仕事ではないといった方がしっくりきます。
業界の全体像として、働きやすい環境が整いつつあるとの印象は強いです。

 

日本全国でドライバー不足が深刻な問題

日本全国でドライバー不足が深刻な問題になっていて、仕事は多くあるにもかかわらず、それをさばけるマンパワーがないことに困っている状態です。
配送する企業がドライバーの獲得に対し激戦状態となっており、勝ち抜くために労働条件も魅力的になってきました。
休日の日数や給料は一般的な会社員並みの水準が用意されつつ、休暇も確実に取るよう指導があります。
物流量が増加傾向にあり、未経験者から転職をする人も増えているほど働きやすい業界です。
大型トラックドライバーの配送業は、体力的に辛い部分もあることは間違いありません。
ただその分、ステータスや稼ぎの良さは他の追随を許さないレベルにあります。
待遇はもちろん企業や荷物を預ける依頼主によって差はあるものの、月給50万円を稼ぎ出す人も珍しくないです。
大型と一口には言っても実に多種多様なボディーがあり、それぞれ仕事内容は少しずつ異なります。
まず、バンやウイングの仕事内容です。
最も多い形態で、部品便や雑貨便はもちろん、大型では冷凍車もメインの1つに数えられます。
大型バンやウイングの仕事は主に中距離から長距離便が多く、中には1週間以上をかけて工程を走破することも珍しくはありません。

 

大型の部品便は大手部品メーカーの子会社としての働き方もある

大型の部品便は中距離便が多く、大手部品メーカーの子会社としての働き方もあります。
親会社が大手部品メーカーだと、安心してクリーンな環境で働きやすいという魅力も享受できます。
ただし大型トラックの部品便には特殊なシャシーを使うことが多く、小回りがきかないため初心者には少し難しいという側面もあり、注意が必要です。
雑貨品は部品便と同様に、中距離便が多く中型と比較すると給料がやや高くなるという魅力があります。
冷凍車は長距離便が多く、日本全国を巡業するようないわゆる大型トラック配送のイメージに近いです。
比較的たくさん稼ぐことができ、全国各地を巡るためいろんなところに行ってみたいと考える好奇心旺盛なタイプには特に人気があります。
モチベーションが長く続くのかどうかという問題はあるものの、旅好きな人などにはもってこいの職業です。
シャシーは、エアサス車が主流で乗り心地は申し分がありません。
長距離を走るドライバーには優しい作りになっていて、体が痛くなるという職業病も抑えてくれます。
車の中にいる時間は当然長くなるため、乗り心地はとても重要な要素です。
腰痛を和らげるためにこの仕事を選ぶ人も中には存在します。

 

平ボディーは鉄鋼を営む会社を荷主とすることが多い

平ボディーは中型と同じように、鉄鋼を営む会社を荷主とすることが多いです。
製造工場間の配達や、直接現場に物を運ぶケースもたくさんあります。
現場に変化があると納品場所も変わり、単調さがありません。
ルーティンワークにあまり従事したくないという人には向いていると言えます。
この形態だと特殊な状況下で特需が発生しやすく、多く稼ぐチャンスもたくさんあるのが特徴です。
長距離便が比較的少ないので、家に帰る時間を多く取りたいタイプにもおすすめです。
子どもが小さく家族との時間をたくさん取りたい人や、多く稼ぎたい人に向いています。
大型タンクローリーを運転する仕事もあります。
主に燃料輸送があり、少し離れた位置で燃料を補給してガソリンスタンドなどに輸送を繰り返す働き方です。
中距離便がメインで、比較的早く仕事が終わることもあります。
ただ、冬場に繁忙期があるなど忙しさには波があり、一年を通して同じ働き方をしにくいのも特徴です。

 

キャリアカーは乗用車を何台もまとめて郵送することができる

街でもよく見かけるのが、大型のキャリアカーです。
キャリアカーは乗用車を何台もまとめて郵送することができ、車社会になって久しい日本の中でも必須の仕事と言えます。
大型キャリアカーのメインの仕事は、港から自動車ディーラーに自動車を積み込んで納車することです。
その他中古車をオークション会場から郵送することも多いです。
国産車はもちろん、海外の車を乗せて走ることも多く、車が好きな人にはたまらない仕事と評価する人もいます。
部品便等と同じように、大手自動車メーカーの子会社化されている企業も多いです。
そうなると休日日数や給料の面で比較的待遇が良く、ここを狙って就職活動をする人もたくさんいます。
このほかにも、大型トラックの配送業務にはいくつか種類があり、選択する余地がある幅の広い仕事です。
何を重視して働きたいのかを具体的に、事前に整理しておく必要があります。
仕事を続けながら少しずつ働き方を変化させることができるのも、この業態の特徴です。

トラック配送 関東
 

くさび式足場の仕組みとメリットについてKRH社が解説

建物や構造物の工事現場でよく使われている、くさび式足場は接地面積が狭い場所でよく使われています。

民家が密集している住宅地や建物の形状が複雑な場合には特に有効で、作業員の安全確保と利便性を両立可能です。

KRH株式会社のくさび式足場は盛り替えや組み換えなどの作業が簡単にできるような仕組みになっているので、解体作業の現場でも利用されています。

KRH 社長

 

ハンマーが1本あれば足場は完成する

一定間隔に支柱があり、その結合部に水平材と斜材を接続しています。

ハンマーが1本あれば足場は完成するので、装備が限られている現場でも有効でしょう。

その一方で、高層建築物の工事作業などには不向きである点があります。

足場は非常に狭く作られているので、足を踏み外すと落下の危険もあるからです。

高層建築物の工事作業で、この足場を使用する場合は安全ベルトを使用するだけでなく、長期間の設置は避けたほうが無難でしょう。

実際に、くさび式足場を高層建築物に設置する事例はいくらかありますが、外壁の塗替えや一時的な足場の確保など、短期的な使用に限られていることが多いです。

仕組みは非常に単純な作りになっており、他にものと比べて軽量で可搬性が高く、組み立ても短期間で済むことから工期が限られている現場でも有効です。

支柱一本が10000円前後、ブラケットが約3000円になり、ジャッキベースは2500円程度で購入可能と他の建築資材よりも比較的安価になっています。

この足場は階段も設置可能で、簡単に上層階に移動することが可能です。

手すりも用意されているので、低層階の住宅であれば落下時のリスクも低いです。

これまで建築現場で利用されてきた足場は鉄製のものではなく、丸太や木材で作られた安全性や可搬性などに問題のあるものでした。

 

倒壊のリスクが非常に高い

木材は雨風に晒されると劣化してしまうだけでなく、弱い衝撃が加わっただけでも倒壊のリスクが非常に高いです。

住宅が密集している現場で、足場が倒壊してしまうとその被害規模は非常に大きいものになるでしょう。

建物の損壊だけでなく、人的被害も計り知れません。

更に、足場に使用されている木材は不揃いである上に、楔を使用していたとしても接合が不十分であれば簡単に崩れてしまうことがあります。

木材を使用したものであれば、可搬性も非常に低いです。

雨によって木材が水分を含んでしまうと、通常時よりも重量が増加していきます。

乾燥を待っていると建築作業に遅れが発生してしまうこともありました。

その木材を使用した足場が1980年頃まで利用されてきましたが、平成になり金属製の足場が流通するようになり、可搬性や安全性、利便性や耐久性能など様々な問題を一挙に解決することができたのです。

金属製で作られた、くさび式足場は従来の工法と違って施工時の騒音が減少しているので、近隣住民に迷惑になってしまうことがなく、住宅が密集した場所でも安全に運用することができます。

従来の木材を利用した足場の場合、作業を終えた後に解体する際に屋根上での解体作業がありましたが、くさび式足場の場合はそのまま留具を外すだけで良いので手間がかかりません。

また、一般的な日本家屋の場合、屋根上で作業を行う際に瓦を傷つけてしまったり汚してしまうことがあります。

この足場では屋根より上での作業を行う必要がないのでそれらのリスク軽減にもメリットがあるのです。

安全性も木材製のものと違って、留具を使用して確実に連結させることができる点から、作業中の事故を軽減できます。

支柱の長さも連結を続けていくことで10メートル以上の高さまで対応可能です。

溶融亜鉛メッキで表面処理を施されている製品の場合は、耐久性が高くなっており、雨によるサビの発生などによる劣化も少なく破損の可能性も低いです。

 

高層建築物であっても短期間の施工であれば利用される

以上の点から、くさび式足場は低階層の建築物はもとより、高層建築物であっても短期間の施工であれば利用されるケースが増えています。

従来製品よりも持ち運びがしやすく組み立ても簡単なので即席で足場を設置する際に非常に有効です。

それだけでなく、落下防止のための手すりや足場の揺れを防止する留具などにより安全性能も優れています。

解体作業から建築作業の現場まで、住宅が密集した場所でも安全な作業をサポートしているので、広く使用されている足場です。

ただし、決められた手順できちんとした設置作業を行わなければ、倒壊や落下などに発展してしまうケースがあります。

留具をきちんと締めたり、手すりを設置して作業員の安全確保を徹底する必要があります。

また、軽量な足場なので高層階に設置した状態で暴風が発生すると倒壊するリスクが一気に高まることがあるのです。

高層階での利用は短期間に留めておくだけでなく、設置する際の天候なども注意して設置する必要があるのです。

これらの安全対策は事前に作業員に研修を行うことで対策は可能です。

足場の利用の際には利便性だけでなく、作業員の安全確保を第一として取り組むことが重要になります。

労働問題は弁護士に相談するのが最も良い方法です

労働問題を相談する際には、社会保険労務士や労働基準監督署に相談すれば良いと考えている人は少なくありません。

しかし、社会保険労務士は基本的に社会保険の基準に基づく労働環境に関して問題がないかを確認する立場であり、個々の労働者の様々な問題に関して立ち入る事は基本的にないため、実際にはあまりあてにならないのが実態です。

また労働基準監督署は労働基準法に基づき様々な労働環境の実態がこれに違反してないかを確認する立場であり、個々の労働者の様々な問題には基本的に立ち入らないというのが本音となっています。

そのため、現実的には両者では解決できない問題が数多く存在しています。

 

労働問題の2つの側面

労働問題には大きく分けて2つの種類があり、1つは労働基準法に照らして明らかに違反している劣悪な労働環境の問題があります。

具体的には最低賃金を満足しない賃金体系や、労働時間の制限を満足しない過酷な労働環境などがこれにあたります。

この場合には労働に関する法律で改善を行うことができるのですが、もう一つは、労働基準法に抵触しない様々な労働問題です。

基本的な経営者の労働基準法を十分に理解しており、その中で効率よく労働者を利用するのがより効果的に利益を上げる方法と考えられるため、その内容が法律に違反してない以上は労働基準法では対処を行うことができないのが実態となっています。

実は労働に関する様々な問題は、この労働基準法に抵触しない範疇での課題が非常に多いのです。

最近特に多い問題は本人の能力を知っていながらそれ以上の過酷な業務を要求したり、また本人の精神的な部分でのダメージを与えるような言動や行動を繰り返すと言うことです。

近年は非常に業務内容が複雑になっているケースが多く、人によってはこれらの業務を上手にこなすことができない場合も少なくありません。

 

社員が精神的なダメージを被ってしまうケースが増えている

しかしこれに対して過剰なほどに激高したり、無理難題を押し付ける経営者も非常に増えているのが実態です。

いわゆるいじめのような状態を作り出す管理者や経営者も増えている傾向にあり、社員が精神的なダメージを被ってしまうと言う例が非常に増えているのです。

このような問題に対しては、社会保険労務士や労働基準監督署は基本的に対応できないのが実態です。

法律で定められた規制に抵触していないことから、これを改善したり処罰をするための法的な根拠が存在していないためです。

そのため、これまではこのような事態になっても泣き寝入りをしなければいけないと言う状況になることが少なくありませんでした。

近年では、多くの弁護士がこのような問題に積極的に対応しています。

弁護士は法律のプロでもあるので、実際に依頼者が置かれている状況を鑑み、これを改善させるために様々な法律の要件を利用することが多いのです。

労働に関する法律は労働基準法だけではなく、様々な憲法や民法など人間の尊厳を重視する内容がたくさんあり、その中から状況に応じて適切な条文を引き出し改善を行わせるための根拠にすることが多いのです。

 

様々な人間関係が起因となっている

労働問題は、様々な人間関係が起因となっている場合も少なくなりません。

最近では厚生労働省がパワーハラスメントやモラルハラスメントに関するガイドラインを策定したり、メンタルヘルスに関する注意事項を策定したりと様々な努力を行っていますが、これらはあくまでもガイドラインであり経営者にこれらの内容を遵守する必要性が生まれていないのが実態です。

この問題を解決する決定的な規則が現在は存在していないのが実態ですが、弁護士に相談することにより効果的にこれらの問題を解決する糸口を見つけることができます。

そのため、労働問題で悩んだ場合には弁護士に相談するのは非常に良い方法となっています。