適切なプロパンガス会社を選びましょう

「プロパンガス会社の乗り換えを考えている」
「プロパンガス会社の選び方を知りたい」
「ガス会社を選ぶ際の注意点は何?」

一般的に全国にプロパンガス会社は数多くあり、会社により契約の内容や料金プランも異なります。
どこを選べば良いのかわからない、そもそもどうやって選べば良いのかと気になっている人も多いことでしょう。
このようなことから、ガス会社を選ぶ手順や、選ぶ際の注意点についてしっかりと把握しておくことが大切です。

ガス会社を選ぶ手順

契約しているガス会社からの検針票や請求書などを用意する

まず最初に選ぶ手順としては、探し始める前に、まずは契約しているガス会社からの検針票や請求書などを用意します。
これらにはどれだけのガスを使ったのかの使用料、どれだけ請求されているのかの金額、契約している料金プラン等が記載されているはずです。
このようなことから事前にこれらを用意しておくことによって、新しい料金プランを提示されたときに、その差額がどのぐらいになるのかを確認しやすくなります。
どこを選べば安くなるのかをわかりやすくなることでしょう。
そして手元に検針票や請求書を用意することができたら、実際に探し始めてみます。
全国に数多くありますが、インターネットやタウンページなどでも気軽に検索することができるでしょう。
インターネットを使えば、自分が求める条件に見合ったところを探すことができるため、まずは住んでいる地域、利用する地域を調べてみることから始めます。

エネルギーとアトックスの深い関係

料金やサービス内容をしっかりと比較する

そして候補にいくつか上がったら連絡を取り、どれくらいの料金になるのかを聞いてみましょう。
比較をしっかりと行うため、一社だけに電話をするのではなく、いくつかのところに料金を聞いてみると良いでしょう。
聞くことができれば、適正価格を提示するところや、サービスが充実していると好みに絞り込みます。
この中から自分が求める条件に近いところがどこなのかを検討しましょう。
実際に一緒に絞り込むことができたら、申し込みを行います。
申し込みの際には、提示されている料金と、申込書に記載されているものに違いがないかどうかを確認します。
疑問や不安点があれば質問をするなど、内容に納得した上で契約に進むことが大切です。
申し込みが終わったらガスボンベ8メーターの交換をしてもらうことになるでしょう。

工事を行う日は立ち会いができる日にしておいた方が無難

交換作業に立ち会う必要は無いものの交換した後に問題なく使えるかどうかの点検を行う場合には、立ち会いが必要です。
工事を行う日は立ち会いができる日にしておいた方が無難です。
立ち会いは契約名義の本人以外にも、家族や同居人でも十分に可能です。
安全に使用することができるとわかったら、書面にサインを行い契約が終了です。

ガス会社を探す際の注意点

このような流れであることがわかりましたが、ガス会社を探す際にはいくつかの注意点があります。
プロパンガスの場合には、全てが使えるわけではありません。
せっかく条件に合うと分かっても場合によっては利用できないところもあるのです。
このようなことが発生しないようにするためにも、いくつかの注意点を把握しておきましょう。

離れているところとは契約することができない

全国にはたくさんのプロパンガスの業者がありますが、離れているところとは契約することができません。
実は物件から拠点までの距離が20キロメートル以内、生万が一の緊急の際に30分ほどで駆けつけられる範囲のみに供給が可能となっているのです。
緊急時の対応等に関しては、法律で定められているものであり、安全に使える環境が整っている代わりに、物件等の距離に制限がかかります。
このようなことから問題なく契約が行える範囲の拠点にあるかどうかを確認しなければなりません。

手間をかけたくない場合には見直しサービスなどを利用する

日本には実際には約一万8000社のプロパンガス会社があるのが実情です。
しかし供給範囲が決まっていて、日本全国に数多くのものがあります。
その中にはホームページもなく、検索しても連絡先さえ出てこないところがあるほどであり、このような中から契約先を選ぶ事はかなり難しいです。
手間をかけたくない場合には、見直しサービスなどを利用するのも1つの手段と言えるでしょう。

不透明な料金メニューではないかどうか

これから契約をするのであれば、希望する条件に1番近い所と契約をしたいものです。
しかし条件に合っているだけではなく、本当に優良な業者であるのかを判断する必要もあります。
その1つが不透明な料金メニューではないかどうかです。
料金メニューが公表されていないところがあるのも実情であり、不透明な状態であれば、提示された料金が本当に適正な価格であるのかどうかの判断をすることができません。
高い料金の所と契約してしまう可能性も大いに考えられるでしょう。
利用する料金が適正価格であるかどうかを把握するためにも、料金の内訳がわからなければなりません。

【まとめ】契約時の料金がいつまで保証されるか

基本料金、重量料金がいくらなのか、それぞれを理解しておく必要があります。
そして契約時の料金がいつまで保証されるのかが重要なポイントです。
契約したときの値段のままずっと利用できるわけではなく、少しずつ値上げされていく可能性が高いです。
契約の際にあまりにも安すぎる料金を提示する場合には、契約が終わった後にどんどん値上がりする可能性も高いです。
近くする場合には、料金が安いかどうかだけではなく、適正価格で継続して使うことができるのかを確認することが重要です。

新築の床をフロアコーティングした

フロアコーティング工事を行った

私の2016年は、二つの大きな出来事がありました。
一つは家を新築したことで、もう一つは子どもが生まれたことです。
この二つの出来事は切り離せない関係にあり、その一環としてフロアコーティング工事も含まれています。

私たち夫婦はもともと賃貸の戸建て住宅に住んでいましたが、充分な資金が貯まったので戸建てを建てることにしました。
当初の設計ではフロアコーティングは行わない予定でしたが、建築途中に嫁が妊娠していることが分かりました。

そこで、子どもがいる生活を想像すると家具を増やしたり子どもが遊ぶことなどで床が傷つくことがあると心配になり、コーティングを検討し始めたのです。
そのことを工事をお願いしている工務店に話すと、あとからリフォームとして施工するよりも料金を安くしてもらえると言うことで、今後の支出を考慮して建築中にコーティングをお願いすることにしたのです。

最新のUVコーティングを施工した

フロアコーティングには様々な種類がありますが、最新のUVコーティングに決めました。
耐用年数が非常に長く、一般的なコーティングでは数年しか持たないこともあることに比べて、20年から30年は持つということでした。

また、子どもにとっても有害な成分が少なく安全です。
その分費用は高いものの、今回は工務店のご厚意で新築の費用と合わせて安くしてもらえたことも決定要因でした。

住宅が完成し、実際にUVコーティングされた床を見るとその美しさに目を奪われます。
これまで見てきたどの床よりも輝いていて、家を建てた嬉しさがさらに増すほどでした。

20年以上持つUVのフロアコーティングはお勧め

現在は子どもが生まれてから半年以上が経ち、元気にコーティングされた床を這いずり回っています。
子どもが着ている服にボタンが付いていることもありますが、床にはまったくといって良いほど傷が付いていません。

また、飼っている犬も子どものパートナーとして同じ空間で生活していますが、滑って歩きにくいということもなく赤ちゃんの面倒を見るかのように遊んでくれています。

大人が住む空間としてもUVのフロアコーティングは満足度が高くなっています。
両親や友人を招待すると、新築の物件であることに加えて輝くような床があることで良い家を建てたと言ってもらえます。

このコーティングは20年以上持つと話すと、そのことに驚いて詳細を聞かれるのです。
詳しい説明をすると話を聞いた人の家でも検討するということになり、誰にでもお勧めできるフロアコーティングだと言えます。

 

あわせて読みたい

種類別フロアコーティングの特徴

21000戸以上の住宅を建設してきた実績を誇る東新住建

愛知県稲沢市にある東新住建

東新住建は、愛知県稲沢市に本社がある総合建設会社で、分譲住宅事業においては高い実績を誇っています。

愛知県では10年連続着工数第1位の輝かしい実績を持っていて、請負建築事業をメインとした事業を展開しています。

業は1976年で、1998年に株式を店頭公開しています。

2009年には負債総額が約491億円となり、危機的状況に陥りますが、同年、民事再生計画案の認可が確定されました。

2011年以降は、稲沢市と清須市に住まいのショールームを開設していて、2012年に民事再生の終結決定を受けています。

2012年度の住宅着工数は326棟を超えていて、2014年には至学館大学女子レスリング部の支援協力として、オフィシャルスポンサーをスタートしました。

そして2015年には、ついに東新住建レスリング部を創部することになります。

2017年現在の部員数は3名ですが、所属メンバーは、伊藤彩香、登坂絵莉、土性沙羅など錚々たるメンバーです。

また社会貢献として2014年と2015年、2年連続で岐阜清流ハーフマラソンの特別協賛として、メインスポンサーも務めています。

東新住建について

東新住建は、1976年の創業以来、約40年にわたって21000戸以上の住宅を建設してきました。

その実績はまさしく本物で、大規模な街づくりから個性的な注文住宅まで、様々な住宅を提供してきました。

着工戸数は東海圏下ではトップで、低予算で高品質の一戸建てを実現できる定期借地事業にも貢献しています。

また、土地オーナーの悩みの多い土地活用事業なども手掛けていて、トータルで住まいに関する事業に携わっています。

入居率が高いことで知られるメゾネット賃貸のパイオニアとしてもその名が知られています。

家づくりに特定の決まった形はなく、それぞれの家族には、それぞれに合ったライフスタイルがあります。

住む人が素敵な暮らしをしたいと思った時、作る側はそれに応える能力がしっかりあるかどうかが求められます。

東新住建には、まさしくその能力があり、デザイナー住宅から分譲住宅まで、家族の夢を叶えるべく家づくりに邁進してきました。

どこにも負けない安全安心な性能と快適性能を備えながら、かつその上に優れたデザインを提供してきました。

注文住宅を中心として、W工法の家や長寿命タイルの一戸建てなど、あらゆるライフスタイルに関する答えを導き出しています。

建築条件付の宅地分譲や賃貸住宅のテラスハウス物件など、愛知県を中心に活躍しています。

東新住建は、家族それぞれのライフスタイルの夢を実現するため、本当に欲しいものを形にする家づくりを目指している会社です。

東新住建の口コミ評判について

物件探しのコツと取り組み方

引っ越しをする理由には、会社の転勤、就職、転職、気分を変えるためなど、人によって様々な理由があります。

短期間で新しい物件探しをしなくてはならない場合もありますし、良い家が見つかったら引っ越そうと長期的に物件探しをする場合もあります。

どのような場合でも物件探しをする上でまず最初に行うことは、自分の理想を紙に書くことです。

駅から徒歩圏内であること、築年数が浅いこと、とにかく家賃や購入価格が安いことなど、絶対に譲れない条件があるはずです。

それをなんとなくではなく紙に書いて明確にした上で物件探しをすると、比較的早く自分の理想の家が見つかるものです。

そして、最初から妥協をしないことです。

どんなに理想であっても紙に書き出し、できる限り理想に近い物件を探しましょう。

妥協すると引っ越した後に不備が目につき、ストレスを抱えて生活することになります。

【参考サイト】
部屋探しを成功させるために!物件選びで妥協していい点・妥協してはいけない点を紹介

引っ越しは何かとお金がかかるため、そう簡単に何回もできるものではありません。

例えば、通勤を考えた場合、電車の急行が止まる駅がいいのか、各駅しか止まらない駅でいいのか、それでも家賃や購入価格に差が出ます。

一駅しか変わらないのに川を一本挟んだだけで値段が異なることもあります。

いくらまでなら支払えるのか、初期費用はいくら支払えるのか、入居時期が自分のスケジュールに合うか、スーパーが近くにあるか、コンビニがあるか、治安はどうか、夜に一人で歩いても怖くないか、ペットが飼えるか、駐車場があるかなど、実際に住むことをイメージして条件を挙げましょう。

条件が決まったら、今度はインターネットで物件を探してみましょう。

【参考サイト】
SUUMO(スーモ)

今は条件を入力すると絞り込んでくれるため、全ての条件に合う物件がない場合は、譲れる条件から外していきましょう。

サイトによっては、条件に合った新着物件が掲載された際に、メールで受信できるサービスもあります。

見逃さないようこのようなサービスを使うのもいいでしょう。

また、ここで注意をしなくてはならないのは、理想にぴったりの物件が見つかっても、釣り物件と言って実際には空いていない物件を掲載している場合もあります。

また、インターネットに出ている物件が全てではなく、不動産会社が掲載せずに切り札として持っている物件もありますので、インターネットで調べ自分の理想に極力近い物件があるかどうか判断できたら、今度は不動産会社を見つけましょう。

不動産会社に電話をして条件を伝えたり、直接訪問するのもいいでしょう。

その際に、賃貸であれば考えいている家賃からマイナス5000円くらいで伝えると、ちょうどいいくらいの物件を紹介してもらえることが多いです。

何社か連絡をしてみて、相性の良い不動産会社にお願いをするのも一つの方法です。

不動産会社は商売ですから、こちらの条件よりも高い価格の物件をすすめてきたり、早く決めるように催促する会社もあります。

後々のことを考え自分に合っている不動産会社を選びましょう。

ある程度、物件が絞り込まれて来たら、不動産会社の人と一緒に物件を見に行くことになります。

その際のポイントとして、

・建物の構造がしっかりしているか
・もともと沼地だったりしていないか
・床が傾いていないか
・間取り図と実際の部屋が一緒かどうか
・日当たりはどうか
・窓の大きさ、風通しはどうか
・窓から墓は見えないか
・駐車場に車は止めやすいか
・緊急病院が近くて頻繁に救急車が通る道に面していないか
・騒音は気にならないか
・台所の使い勝手はどうか・
・ドアの開け閉めがスムーズか
・携帯電話の電波が部屋のどこでも入るか
・シャワーの水圧はどうか
・近くに飲食店がある場合には匂いが気にならないか
・近隣の住人の様子はどうか
・廊下などの共用部分に落書きやゴミはないか

などをしっかりと確認しましょう。

下見の際にはワクワク感があるため、意外と細かい部分を見逃しがちです。

確認事項も事前に紙に書き、忘れずにチェックしましょう。

また、いくつかの物件を下見する際、家に帰ってから見比べられるよう、カメラを持参して写真を撮っておくことも大切です。

物件を絞り込んだら、賃貸の場合には退去する時のことも考え、契約書及び特約における賃貸退去時の原状回復費用の目安と範囲、敷金との関係を確認しておきましょう。

よく、敷金は戻ってくると安易に計算し負担をあまり考慮しない人もいますが、全てが戻ってこないケースは多々あります。

退去希望時の条件と方法を確認しておくことも必要です。

原状回復や敷金以外でも実際に住んでから退去する時までを契約前にイメージしておくことは、結果的に満足した引っ越しかどうかに繋がります。

後々になってから変にお金がかかったり手続きが難しくなることがないよう、入居前にしっかりと確認しておきましょう。

満足した引っ越しができるかどうかは、明確な理想を掲げること、自分に合う不動産会社を見つけること、しっかりと隅々まで確認する下見、退去時の確認を怠らないことです。

物件探しのコツを参考に、納得のいく取り組みをしましょう。