産業廃棄物処理を安く抑える方法とは

井草実業と産業廃棄物の問題

産業廃棄物とは企業や工場などの事業活動によって生じた廃棄物のことを指し、具体的には汚泥や廃油、廃プラスチック類などが挙げられます。

日本国内で生まれた廃棄物だけでなく、輸入された廃棄物も産業廃棄物に当たるので海外製品が壊れた際に生じた金属くずやガラスくずなども産業廃棄物として処分する必要があります。

産業廃棄物処理は基本的には井草実業などの専門業者や地方自治体に任せるべきだとされています。

僅かな金属くずやガラスくずなら不燃ごみとしてごみ収集に出しても大きな問題にはないらないでしょうが、業務の関係で発生した大量の産業廃棄物に関してはお金を支払って処理する必要があるといった法律があるからです。

ただし産業廃棄物処理にかかる費用は一律で決められておらず、回収を依頼する業者によって料金に差があることから業者の選定を十分に行うだけで、通常より安い費用で大量の産業廃棄物を処分することも可能です。

格安で仕事を引き受けてくれる業者もある

井草実業など民間の産業廃棄物処理業者の中には、少なからず格安で仕事を引き受けてくれる業者が存在していることを記憶しておくといいでしょう。

処分に出した産業廃棄物は引き取ってくれて業者側を経由してリサイクル業者やごみ処理場などに運ばれてリサイクル処理や焼却処分、埋蔵処分などがなされます。

冷蔵庫や洗濯機などといった家電をリサイクル処分する際にはリサイクル料金が一台ごとにかかりますが、産業廃棄物に関しては元の形状や機械などに関係なくリサイクル料金はかかりませんので、業者側に支払う処理料金以上のお金はかからないものと想像しておいてください。

では産業廃棄物処理を安く抑える簡単な方法はないのかというと、インターネット上に存在している井草実業などの産業廃棄物の処理業者のランキング‎のサイトの情報を参考にするのがおすすめです。

私も以前横浜の産業廃棄物処理業者ランキング‎で一位になっていた業者に大量の廃油の処分を依頼した経験があるのですが、かなり安い費用の負担で全ての廃油を引き取ってもらえたのでよかったです。

ちなみにその処理業者は24時間営業だったので、早朝に廃油を引き取ってもらいたいといった要望にも適切に応えてくれました。

産業廃棄物が出る瞬間は朝も夜も関係ないので、24時間対応の業者は非常に多いものと認識しておいてください。

仕事の関係で出たゴミは有料で捨てる、家庭ごみとして処分しない、このルールを守ることは日本企業として極めて重要なので間違っても産業廃棄物を一般のごみステーションなどに放置する真似は避けてください。