インターネットのトラブルならIT関係に強い弁護士に相談

インターネットで誹謗中傷や風評被害を受けたら、即刻削除依頼をしなければいけません。

匿名の掲示板に誹謗中傷や風評被害を書き込まれたら、管理者に削除依頼をして消してもらい、ブログやSNSでも同様の対応をしておかないと、根拠のない悪い噂ばかり広まっていきます。

最終的には、書き込まれた掲示板やブログ、SNSなどだけでなくネット全体に広まってしまい、検索エンジンで名前や社名、店舗名を入力しただけで表示されます。

今やインターネットは、ほとんどの人が使用するツールです。

そんな場所で誹謗中傷や風評被害が広まってしまったら、名誉や業績にも多大な悪影響を及ぼします。

しかし、個人で誹謗中傷や風評被害の削除依頼をするのは、なかなか難しく簡単にできるものではありません。

たとえば匿名掲示板に書き込まれた内容の削除依頼は、迅速に処理されることはありません。

なにかと理由を付けて削除依頼は却下され、無視されることも多々あります。

最悪の場合は、誹謗中傷や風評被害を受けた人物や企業が、悪い噂を消すため必死になって行動していると広まってしまい、逆に炎上するケースもあるほどです。

仮想空間であるインターネットでも、対応を誤れば実際の生活に被害が及ぶ危険性もあります。

ですから、インターネットの書き込みが原因で誹謗中傷、風評被害を受けた場合は、ITに強い弁護士に相談しましょう。

IT関係に強い弁護士は、インターネットでの誹謗中傷、風評被害に対する豊富なノウハウを持っています。

削除依頼に応じない掲示板やブログ、サイトの管理者、書き込んだ人物が使用するプロバイダなどに対して、法律を盾に適切な方法で対応してくれます。

法律を盾に削除依頼を迫られたら、管理者やプロバイダも応じざるを得ません。

誹謗中傷、風評被害の元となった書き込みを削除できますし、書き込みをした人物を特定することも可能です。

書き込みをした人物を特定することができれば、話し合いをしてトラブルを解決できますし、損害賠償を求めて裁判所に訴えることもできるでしょう。

個人で対応しようとしても無理がありすぎるので、インターネットが原因で誹謗中傷、風評被害を受けたら、すぐにIT関係に強い弁護士に相談です。

最近は不動産や借金、離婚問題のように、IT関係に強い弁護士は増えてきました。

IT(インターネット)のトラブルに強い弁護士へ相談

今後もインターネットは発達し生活に欠かせないツールになっていくので、IT関係に強い弁護士も増えていくでしょう。

■若手の弁護士が活躍するには?ITの分野に着目しよう!

昔は弁護士というと高い収入を得ているイメージが浸透していました。

しかし近年になり、そのイメージが崩れつつあります。

若い弁護士が仕事を得られずに、困ってしまうケースが増えているのです。

その理由として、この世界には定年がないことが挙げられます。

実際には一定の年齢になれば退職する人も多いのですが、独立開業している場合はいつまでも働き続けることが可能です。

そのため若い人に顧客が回ってこない状況になっているのです。

もちろん司法試験を受ける人が増えたことなども影響しています。

このような状況を打破して若い人が活躍するには、年配の人たちに負けない強みを発揮しなければなりません。

年配者はこれまでの豊富な経験があるので、新人の若手が真正面から太刀打ちするのは難しいです。

人脈の面でも大きく劣っているため、営業活動をしても大きな成果が得られないでしょう。

しかし視野を広げると、若い人のほうが有利なポイントも存在します。

それはインターネットやパソコンの分野に関する知識です。

現代は情報化社会であり、ITを使ったビジネスが急増しています。

またプライベートでもSNSなどを楽しむ人が非常に多いです。

それに伴って、ITが絡んだ事件も多く発生しています。

たとえばビジネスシーンでは、インターネットを経由した情報流出の事件が頻発しています。

ハッキングによって機密情報を盗まれたり、公式のホームページを書き換えられたりする事件も少なくありません。

個人レベルの事件としては、匿名の掲示板に誹謗中傷するような書き込みをされるケースなどがあります。

暴行を加える予告を書き込んだり、SNSのアカウントに不正にログインしたりする事件も報道されています。

もはやITは我々の生活とは切り離せないものです。

このような被害にあうと、これまで通りの日常生活を送るのは難しくなってしまいます。

そのため早期に解決しようとして、弁護士に相談してくる人が増えているのです。

しかし年配者はそもそもITを使っていないことも多く、そのような場合は相談されてもよく分かりません。

そのような弁護士と話しても、上手く伝わっていないような気がして依頼者は不安になるでしょう。

一方でプライベートでもよくITを使用している若い弁護士であれば、すぐに理解してもらえるので依頼者は安心できます。

このように年配者の不得意な分野で勝負をすると、若い人であっても活路を見出しやすくなると考えられます。