大型トラックの配送という働き方

激務をこなしていけば、それに見合う高い給料がもらえるというイメージの強い大型トラックの配送業務ですが、近年では少し様子が違ってきています。
憧れていながらなかなか一歩を踏み出せないという人も中にはいますが、現在の仕事内容としてはやりがいもあり、想定するほど辛い仕事ではないといった方がしっくりきます。
業界の全体像として、働きやすい環境が整いつつあるとの印象は強いです。

 

日本全国でドライバー不足が深刻な問題

日本全国でドライバー不足が深刻な問題になっていて、仕事は多くあるにもかかわらず、それをさばけるマンパワーがないことに困っている状態です。
配送する企業がドライバーの獲得に対し激戦状態となっており、勝ち抜くために労働条件も魅力的になってきました。
休日の日数や給料は一般的な会社員並みの水準が用意されつつ、休暇も確実に取るよう指導があります。
物流量が増加傾向にあり、未経験者から転職をする人も増えているほど働きやすい業界です。
大型トラックドライバーの配送業は、体力的に辛い部分もあることは間違いありません。
ただその分、ステータスや稼ぎの良さは他の追随を許さないレベルにあります。
待遇はもちろん企業や荷物を預ける依頼主によって差はあるものの、月給50万円を稼ぎ出す人も珍しくないです。
大型と一口には言っても実に多種多様なボディーがあり、それぞれ仕事内容は少しずつ異なります。
まず、バンやウイングの仕事内容です。
最も多い形態で、部品便や雑貨便はもちろん、大型では冷凍車もメインの1つに数えられます。
大型バンやウイングの仕事は主に中距離から長距離便が多く、中には1週間以上をかけて工程を走破することも珍しくはありません。

 

大型の部品便は大手部品メーカーの子会社としての働き方もある

大型の部品便は中距離便が多く、大手部品メーカーの子会社としての働き方もあります。
親会社が大手部品メーカーだと、安心してクリーンな環境で働きやすいという魅力も享受できます。
ただし大型トラックの部品便には特殊なシャシーを使うことが多く、小回りがきかないため初心者には少し難しいという側面もあり、注意が必要です。
雑貨品は部品便と同様に、中距離便が多く中型と比較すると給料がやや高くなるという魅力があります。
冷凍車は長距離便が多く、日本全国を巡業するようないわゆる大型トラック配送のイメージに近いです。
比較的たくさん稼ぐことができ、全国各地を巡るためいろんなところに行ってみたいと考える好奇心旺盛なタイプには特に人気があります。
モチベーションが長く続くのかどうかという問題はあるものの、旅好きな人などにはもってこいの職業です。
シャシーは、エアサス車が主流で乗り心地は申し分がありません。
長距離を走るドライバーには優しい作りになっていて、体が痛くなるという職業病も抑えてくれます。
車の中にいる時間は当然長くなるため、乗り心地はとても重要な要素です。
腰痛を和らげるためにこの仕事を選ぶ人も中には存在します。

 

平ボディーは鉄鋼を営む会社を荷主とすることが多い

平ボディーは中型と同じように、鉄鋼を営む会社を荷主とすることが多いです。
製造工場間の配達や、直接現場に物を運ぶケースもたくさんあります。
現場に変化があると納品場所も変わり、単調さがありません。
ルーティンワークにあまり従事したくないという人には向いていると言えます。
この形態だと特殊な状況下で特需が発生しやすく、多く稼ぐチャンスもたくさんあるのが特徴です。
長距離便が比較的少ないので、家に帰る時間を多く取りたいタイプにもおすすめです。
子どもが小さく家族との時間をたくさん取りたい人や、多く稼ぎたい人に向いています。
大型タンクローリーを運転する仕事もあります。
主に燃料輸送があり、少し離れた位置で燃料を補給してガソリンスタンドなどに輸送を繰り返す働き方です。
中距離便がメインで、比較的早く仕事が終わることもあります。
ただ、冬場に繁忙期があるなど忙しさには波があり、一年を通して同じ働き方をしにくいのも特徴です。

 

キャリアカーは乗用車を何台もまとめて郵送することができる

街でもよく見かけるのが、大型のキャリアカーです。
キャリアカーは乗用車を何台もまとめて郵送することができ、車社会になって久しい日本の中でも必須の仕事と言えます。
大型キャリアカーのメインの仕事は、港から自動車ディーラーに自動車を積み込んで納車することです。
その他中古車をオークション会場から郵送することも多いです。
国産車はもちろん、海外の車を乗せて走ることも多く、車が好きな人にはたまらない仕事と評価する人もいます。
部品便等と同じように、大手自動車メーカーの子会社化されている企業も多いです。
そうなると休日日数や給料の面で比較的待遇が良く、ここを狙って就職活動をする人もたくさんいます。
このほかにも、大型トラックの配送業務にはいくつか種類があり、選択する余地がある幅の広い仕事です。
何を重視して働きたいのかを具体的に、事前に整理しておく必要があります。
仕事を続けながら少しずつ働き方を変化させることができるのも、この業態の特徴です。

トラック配送 関東