川中商事から事業譲渡された新会社の飲食店

社名の重要性について

社名は、企業にとっては重要です。

企業が宣伝をするときには社名を覚えてもらうように広告をしますし、社名が一般の固有名詞として定着することもあります。

しかし、企業は社名を変更することも珍しくはなく、定期的に行われています。

企業が大切な社名を変更する一つの理由は、時代に対応するためでしょう。

昔ながらの社名だと今の時代にはわかりにくいですし、海外進出すると現地の人には通じないこともあります。

ですから、現代風の社名やグローバルで通用する社名に変更する企業は多いです。

また、事業を多角化していった結果、社名と販売する商品、提供するサービスとかけ離れることも少なくありません。

商品とサービス、業務内容が社名とかけ離れすぎていると、消費者や取引先はイメージしにくいです。

そのため、企業名で宣伝しても効果が薄くなり、最大限の広告効果を期待できません。

商品やサービス名、業務内容がイメージしやすい社名に変更するのも、よくあるパターンです。

川中商事も、そのような社名を変更した企業の一つです。

かつては日本全国で個室居酒屋を展開していましたが、現在は別の社名に変更されています。
(参照・・川中商事の居酒屋でアルバイトするなら

川中商事が社名を変更した理由

川中商事が社名を変更した理由は、時代の流れに対応するためや、業務内容が社名とかけ離れたからではありません。

別の理由によって、社名を変更することになりました。

社名を変更した理由は、創業者が社長を辞め別の会社に事業譲渡されたために、社名を変更することになりました。

そもそも川中商事の社名は、創業者の名字が含まれています。

その社名にもなっている創業者が社長を辞任し、オーナー企業から集団経営体制に変われば、社名に名字を残しておく必要もないでしょう。

創業者である社長が辞任し企業の経営体制が変われば、心機一転のため社名を変更するのは合理的な理由です。

社名は変更されたものの、川中商事が行っていた事業はそのまま譲渡されたため、新会社でも個室居酒屋は展開されています。

関東や関西圏を中心に、北海道から鹿児島まで全国に店舗が展開されていて、事業は拡大していると言っても過言ではありません。

展開する個室居酒屋のコンセプトには、店舗によって複数の種類に分かれます。

関東を中心に展開している店舗では、オシャレな和の空間です。

居酒屋の内装は、簡素であまりオシャレでないと思いがちです。

しかし、新会社が運営する店舗では居酒屋でありながらオシャレで贅沢をコンセプトにしており、居酒屋とは思えない高級感のある空間で優雅にお酒を飲むことができます。

提供される料理も新鮮な食材を使うことを重視しており、それでいながら価格は一般的な居酒屋と変わらずリーズナブルです。

高級感のあるオシャレな空間でありながら、庶民的な価格でお酒や食事を楽しむことができるのです。

新会社では、そのほかにもグループで利用できる個室居酒屋も展開しています。

一般的に宴会というと、大人数で集まりお酒を飲みながら料理を食べるイメージです。

しかし、近年は学生同士や女子会などで居酒屋を利用するケースが増えています。

気の合う仲間と会ってお酒を飲むときに、個室でなければ周囲が気になり深い話をすることもできません。

ですが、完全個室居酒屋なら周囲から隔離された個室なので、ほかのお客さんは気になりません。

気心の知れた仲間とお酒を飲み美味しい食事を食べながら、深い話をすることができるので、中無知の飲み会や女子会を企画したときには、グループで利用できる個室居酒屋を利用するのがベストです。

ユニークな店舗を運営している

ほかにも新会社では、店内に水槽がある店舗も運営しています。

店内に水槽があるのは、アクアリウムをコンセプトにしている居酒屋だからです。

水槽には熱帯魚が泳ぎ、インテリアもアクアリウムをイメージした空間なので、非日常でオシャレな空間です。

ちょっと変わった雰囲気でお酒を飲みたいときにはベストですし、一風変わった居酒屋なのでデートに使うのも良いでしょう。

また、誕生日や記念日などのパーティーを開催するときに利用すると、雰囲気も良いので喜ばれるでしょう。

川中商事から事業を譲渡された新会社では、そのほかに料理を楽しみながらお酒を飲める店舗、全国の郷土料理を基本にした創作料理を食べられる店舗など、様々なコンセプトで店舗を展開しています。

さらに新会社だけで店舗展開するのではなく、元スポーツ選手やお笑い芸人がプロデュースする店舗や、ゲームメーカーやおもちゃ会社とコラボしたカフェなど、異業種との交流にも積極的です。

また、同じコンセプトでも地域性やターゲット層によって店舗ごとに違いがあり、柔軟な対応をしながら全国に飲食店を展開中です。

慣れ親しんだ社名を捨てるのは、新会社の経営陣にとっても重大な決断だったでしょう。

しかし、川中商事から生まれ変わった新会社では、次々と新しいことに挑戦し結果を出しているので、社名の変更は成功だったのかもしれません。