日本人に人気があるバンコクのサービスアパート

タイは日本から近くて物価が安いため、多くの日本人が住んでいます。

最近は若い世代でも長期滞在する人が増えつつあります。

タイが暮らしやすい理由は人によって様々ですが、施設が充実しているのも理由のひとつです。

特にバンコクは交通の利便性が高くインターネット環境も充実しています。

仏教国なので比較的治安も良く、日本人に対して優しい人が多いです。

発展途上国のイメージが強いタイですが、タイの経済は急成長しています。

日本食も簡単に手に入り、日本食レストランの数も多いです。

生活用品も豊富で、日常生活に必要なものはほぼ手に入ります。

 

バンコクはアパートが豊富で便利な街

首都のバンコクは便利なアパートが豊富です。

バンコクに住む日本人の多くがアパートを借りて住んでいます。

日本のアパートと違う点は、家具や家電が最初から備わっていることです。

タイに来てすぐでも、引越し当日から普通の生活が始められます。

サービスアパートも多く、入居者用のプールやジムが付いている物件もあります。

日本人がタイでアパートを探す場合は、日系の不動産会社を利用するケースが多いです。

日系の不動産会社だと日本人のスタッフがサポートしてくれるので、安心して利用することができます。

入居後にアパートでトラブルが発生した場合でも、現地での経験が豊富な日本人スタッフが対処してくれます。

語学に堪能な人であれば、自分で探すこともできます。

日本人はタイでの評判が良いため、比較的アパートの契約がスムーズです。

 

自分のライフスタイルに合わせて選べる

バンコクの住居には様々なタイプがあり、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

分譲マンションの一室を借りるコンドミニアムは、部屋ごとにオーナーが異なります。

部屋の家具や家電はオーナーの好みで決められるので、内装にこだわっているお洒落好きのオーナーだとゴージャスな部屋に住むことができます。

トラブルが発生した倍は、オーナーを通して対処してもらいます。

アパートやマンションは、全体をオーナーが所有しています。

トラブルが発生した場合でもスムーズに解決できるというメリットがあります。

 光熱費は少し高めに設定されていることが多い です。

日系企業の駐在員もよく利用しているのがサービスアパートです。

掃除など家事をしてくれるメイド付きの物件なので、単身者の場合は便利に利用することができます。

便利な反面、賃料はアパートやコンドミニアムよりも高めに設定されています。

バンコクのサービスアパートは交通の便がよい場所にあるので、通勤や通学もスムーズです。