そもそもUSCPAとは?仕事の内容や年収などを考察

「USCPAってどんな資格?」
「USCPAの年収が知りたい」
「日本の公認会計士と米国公認会計士はどう違うの?」

USCPAと聞いたとき、米国公認会計士の略語であり英語で略さずに説明すると「U.S.Certified Public Accountant」になる、アメリカの各州内で認定が行われる資格、このような基本的地な知識を持つ人はそれほど多くはないかもしれませんね。
会計士や税理士などの有資格者やそれを目指そうとしている人などは熟知されているかと思われますが、会計や経理などの仕事に携わっていない人にとって馴染みがあるものはありません。

このような特徴を持つUSCPAではあるけれども、アメリカ国内はもちろん世界的に有名であり活用できるシーンが多いなどから世界的に注目を集めていること、そして日本の中でも注目を集める会計士資格といっても過言ではありません。
ここでは、USCPA(米国公認会計士)とは何を意味するのか概要や仕事内容などについてご紹介することにしましょう。

英語は苦手という人はこの英語勉強法を試してみて

USCPAとは

既にふれているけれども、これは米国会計士の呼び名になるもの米国公認会計士などのように日本語で呼ばれることもあるし、略語で呼ばれることもあります。
さらに単にCPAと呼ぶ人も多いようです。
この資格を持つ人の主な仕事内容はアメリカの法律に基づいた税務申告やグルーバルな要素を持つ会計業務、英文財務諸表を使う仕事や会計および経営に関するコンサルティングなどの4つが主体です。
仮に、日本企業が海外の会社とパートナーシップ関係を締結するためにはこれら4つの対応は必要不可欠です。
イメージとしては、会計分野において日本および海外企業の間に入る感じになります。
英文財務諸表を読むためにも、国際会計や英語の知識は欠かせませんので、一般的な会計士よりもグレードが上などの印象を抱く人も多いといえましょう。

知識およびスキルは日本の中で生かすことができる

会計などの仕事をしている人でも、米国の中が付いているのでアメリカの中で有効になるものなどのイメージは強めなどからも、日本の中で会計の仕事をしている人が取得しても活躍の場はないかもしれない、このように考えがちです。
しかし、知識およびスキルは日本の中で生かすことができますので活躍の場がないわけではありません。
会計および経営の能力が求められる場面の中でも国際会計が求められるところ、このような条件が揃っていないと資格を取得していてもそれを活かせるとはいい切れません。
日本の中で活躍できる場面はあるけれども、日本の公認会計士の資格と比較をしてみると選択肢は少ないのが現状です。
少ないといっても活躍ができないわけではなく、米国公認会計士以外の代わりは効かないケースこそUSCPAの力が求められる場面ですし、日本の公認会計士とは異なる役割を持つなどの特徴があります。

米国公認会計士の年収

日本の公認会計士は高収入といわれているけれども、米国公認会計士の年収はどのくらいになるのか気になる人も多いことでしょう。
職場や国より年収は異なるようですが、日本の中で活躍するシーンを想定した場合には監査法人などでは500~600万円(ポジションに応じて800万円を超えることもある)、コンサルティング会社などでは500~700万円(知識や経験年数などで若い世代でも1,000万円を超える年収も期待できる)、外資系企業では500~700万円(マネージャークラス以上は高年収)とされます。

民間給与実態統計調査データ

高年収のように思えたけれども、意外と年収が低めなどのように感じた人も多いかと思われますが、これらの情報から年棒が高いのか否かを判断するためには明確な基準が必要になって来る、このときの指標になるのが日本の平均年収であり国税庁が発表した民間給与実態統計調査データが役立つ存在になってくれます。
民間給与実態統計調査データでは、国内において年齢や職種などを問わない平均が400万円台後半の結果になっていて民間給与実態統計調査そのものは毎年実施されていているのが特徴です。
時代とともに上下はするけれども、10年間の中での変動はそれほど大きいものではく400万円台の前半などの結果です。
これを考えると、500~800万円の年棒は高収入といえる金額になることが分かるのではないでしょうか。

日本の公認会計士と比較するとそれほど高収入ではない

日本の公認会計士の場合は、年齢および職場を問わない場合の年棒は900万円を超えるとされますし資格取得直後の場合でも監査法人なら初任給は500万円を超えるケースは多いようです。
昇進することで金額がアップするので、高いポジションに就いた人は1,000万円を超えることは珍しいことではありません。
これを考えると、USCPAは高年収の部類に入るけれども日本の公認会計士と比較するとそれほど高収入になるものではない、このように考えることもできます。

まとめ

年収だけを考えるとUSCPAは日本の公認会計士よりも貰える金額が少なくなるし、日本の中で活躍ができる場面は一般的な資格よりも少ないイメージです。
苦労して資格を取得しても意味がないのではないだろうかなど考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
公認会計士と米国公認会計士はそもそも資格の特徴が異なる、日本の中では活躍の場もあるし一般的な資格では対応が難しいこともできるなどの強みを持つことも覚えておきましょう。

【宇田氏から学べ!】個人投資家とはどういった活躍をしているのか

「個人投資家と機関投資家の違いとは?」
「宇田謙心さんの評判が気になる」
「どうすれば宇田謙心さんのように個人投資家として活躍できるのか知りたい」

個人投資家は文字通り個人で投資を行う人のことを指し、いわゆる機関投資家に対応する言葉として用いられています。
近年は誰もが気軽に投資を始められるようになった為、これまでの本業で投資に取り組む個人の投資家ではなく、サラリーマンが副業的に投資をする人に用いられる言葉となりました。
つまりは投資信託などで他人に資産の運用を任せる人も、個人投資家に分類されることになります。

https://www.spacebrowse.com/encounter-matching-difference.html

個人投資家の定義とは?宇田謙心さんに学ぶ

ただ、個人で投資といっても商品によって運用の難易度、リスクは大きく違ってきます。
言葉の定義としては、特定の組織に属することなく、単独で投資活動をしている人となっています。
組織の一員となり投資をする人を機関投資家といいますから、対義語としてこの定義は正しく納得できるものだといえるでしょう。
集団で時に広範囲に投資を行う機関投資家は、存在感が大きくて市場を揺さぶったり、無視できない影響を与えることもあります。
その点、個人は1人1人の存在感が小さく、それぞれが異なる意思で行動していますから、市場に影響があるにしても影響を予測するのは困難です。
しかし組織の意思の影響を受けず、しがらみなく投資活動ができるのは間違いないです。

投資のプロが予測しない投資をする個人投資家

そして時々投資のプロが予測しない投資をすることがあるのも、個人投資家の面白いところで読みきれない部分でもあります。
資金量も機関投資家と個人では桁がまるで違いますが、個人でも宇田謙心さんのように億単位の資産を持っていて動かす人は少なからずいます。
そういう人は例え個人でも別格ですし、やはりプロも一目置いていて動向がチェックされる存在となっているものです。
機関投資家は、自社の利益や出資者の為に投資を行い、資金を運用することを目的とします。
個人はむしろ自分や家族の資産形成が主目的で、副業的に収入を安定させたり、老後に備えて投資をする人が殆どです。
専業の人もいるにはいますが、全体からすると非常に少ないですし、その規模は数万人程度といわれます。
多くは短期的に退場しているか、引退しているケースが多いことが分かっています。

市場で活躍している個人の殆どは兼業

理由はやはり失敗するリスクが大きく、大きな失敗に耐えられる余裕のある資金を持っている人が少ないのが理由の1つです。
それから十分な利益が確保できず、増大する老後の不安に耐えかねて引退というケースも珍しくないです。
このように専業は早期に引退する人が多いので、市場で活躍している個人の殆どは兼業ということになります。
日中会社で働いているサラリーマンは、開場の時間が限定される株式とは相性があまり良くないです。
その為、常にチャートに張り付く必要があるデイトレードではなく、中長期的な運用を行うケースが圧倒的です。
具体的には中長期的に伸びそうな企業をいくつか探し出し、資金を分散する形で投資をするのが個人投資家のスタイルといえます。
株式を長く持ち続けることになるので、必然的に株主優待が充実していたり、配当に期待できる企業の銘柄が選ばれます。

株式だけでなくFXに挑戦する投資家も増えている

最近は、株式だけでなくFXに挑戦する投資家も増えています。
株式よりも取引の時間が制限されませんし、何よりレバレッジを効かせられることが大きいです。
当然のことながら、資金よりも大きい金額で取引ができるレバレッジは、リターン増と共にリスクも増加します。
無理な投資は時に大きく資金を損ねたり、一発退場もあり得るので注意が必要です。
経験が浅いにも関わらず大勝負を臨んだり、ビギナーズラックで勘違いした初心者が陥りがちな失敗です。
とはいえ、長年の経験者でも油断すれば足元が掬われるので、個人投資家は常に冷静さが求められますし、リスクと隣り合わせです。

宇田謙心さんから見た個人投資家の難しさとは

リスクを取らないとリターンに期待できないのが投資ですが、機関投資家の真似事はできませんし、ましてや同じようなやり方で勝てるものでもないです。
リスクに対し敏感で、臆病なくらいな人の方が長く資金を維持できますし、長期的に市場に残って挑戦が続けられることが多いです。
仮想通貨や実物資産といった選択肢が増えていますが、いずれも一長一短があるので、自分に合った方法を見つけて選ぶべきでしょう。
それと特定の投資における銘柄に加えて、投資商品も分散させて資金をリスクから守るのが賢明です。
個人投資家の中には、数億どころか数十億円もの資産、資金を有する投資家もいます。

まとめ

勿論、割合は少なくほんの一握りに過ぎませんが、スタートアップ企業に特に集中的に出資する人は、起業家からエンジェル投資家と呼ばれます。
これは創業から間もない企業を対象に、将来性を見込んで投資を行う人をいいます。
企業が軌道に乗ってある程度成長してから、何らかの形で利益を受け取るのがエンジェル投資家の特徴です。
市場に流通する株式やFX、仮想通貨といった商品ではなく、起業家に対して直接的に投資を行う点が異なります。
海外、特に欧米では珍しくありませんが、日本でも同様にスタートアップ企業に個人で出資するケースが増加している傾向です。
今後拡大や定着すれば、スタートアップが活発化して日本からも世界的な新興企業が続々と誕生する可能性があるでしょう。

参考:宇田謙心評判

ホワイトボードMiroがサポートする効果的なテンプレート機能

「ホワイトボードMiroの特徴を知りたい」
「Miroのテンプレート機能を知りたい」
「Miroの使い方が分からない」

ホワイトボードMiroはオンライン会議で様々な情報を効率的に共有することができるばかりでなく、その参加者の思考をサポートする様々なテンプレートを120種類も網羅している点が大きな特徴となっています。
会議のテンプレートと言うと様々なフォーマットをイメージする人が多いものですが、ここでは単純なフォーマットだけではなく、その考え方そのものを後押しする様々な機能が備わっているのが大きなポイントです。

多くの社員がビジネススクールなどに通って様々なスキルを高めている

最近では様々なビジネスの法則が一般に浸透し、企業でも多くの社員がビジネススクールなどに通って様々なスキルを高めているのが一般的となっています。
その中で登場するのがいわゆるマーケティング理論であり、その基本的な考え方を習得することで効果的なマーケティングの手法を実現することができるほか、様々な社員の意見の統一を図ることができると言われる事は少なくありません。
しかしこのマーケティング手法はビジネススクールで学んだ人だけが利用できるものとなっている面も強く、これを学んでいない社員にとっては非常に複雑でその使い方が難しいと言うイメージをもたれるものとなっていました。
実際の会議では、ホワイトボード上にこのフォーマットを記載し参加者の発言を促して記入していくと言う手法もよく実現されますが、そのイメージを持っていない社員にとっては記入された内容が理解できないと言うことも多く、これは会議の結論を分かりにくくするものとなっています。
わかっている人は途中のプロセスを省略し結論だけを書き記すことも多いため、その流れに追従できない参加者も多いのが実態です。
そのため実際の会議ではその内容に逐一説明を加えながら議事を進める必要があり、そのために会議の進捗が遅くなってしまうことも多いのが実態でした。

ビジネスツールの知識がなくてもスムーズに利用できる

Miroはあらかじめこれらのテンプレートを用意しており、必要に応じて呼び出すことができるのが特徴で、様々なツールを効果的に利用しながら参加者の理解を深めることができるのもポイントです。
そのテンプレートにははじめての人でもわかりやすい様々な機能が備わっており、誰でもスムーズに利用することができます。
しかも必要な知識をサポートするガイドが搭載されていることから、スムーズに発言を行いながらテンプレートが完成していく形になるため、ビジネスツールの知識がなくてもスムーズに利用できるのが特徴となっています。
現在では様々な会議の中で効果的に利用されているマインドマップですが、過去にはその使い方が非常にわかりにくく、戸惑ってしまうと言うことも少なくありませんでした。
自分の発言をどのフィールドに書き込めば良いのか、また様々な思考の中で連結するものを探すのが非常に難しいと言うことも多かったものです。

Miroのマインドマップの特徴

現在でもその使い方がわかりにくいと言う面もありますが、Miroではその考え方をサポートする様々な機能を用いながらマインドマップを完成することができ、会議内容の整理をスムーズに行うためにも非常に役立つ機能となっています。
ホワイトボードの会議での利用は一般的にはその思考を整理するために行われることが多く、会議の資料となる事は決して多くはありません。
しかし、後で会議の内容を振り返る場合にその記載された内容がないと十分に内容を確認することができず、参加者の意識が共有されないと言うことも多いので注意が必要です。
Miroはホワイトボードに記載された内容を時間軸を含めて再現する機能を持っており、そのために会議の内容を振り返るときにその流れも併せて確認することができます。

Miroの場合には全てを開示の記録に残すことができる

これにより、資料を確認しただけではわからない様々な議論の流れや、最終的な結論に至った背景なども思い起こすことができ、次のステップに進むための必要な情報を十分に網羅することができるのがポイントです。
オンラインホワイトボードは一般的には参加者の意見を共有するために一時的なものとして利用されることが多く、その会議が終了すれば内容が消去されてしまうことも少なくありません。
そのため記録に残したい場合にはそのコピーを参加者すべてに配布するなどといったことを行わなければなりませんでしたが、Miroの場合には全てを開示の記録に残すことができるので、新たに資料を作成し配布するといった必要がないのもポイントです。
これらの作業を不要とすることによってその手間を省き、効率的な会議を行うことができるのが特徴となっています。
Miroに搭載されている様々なテンプレート機能は、マインドマップを始めブレインストーミングなど一般的なビジネスの会議を行う際によく用いられている手法を具体的に示したものとなっているのが特徴です。

まとめ

またその他に高度な機能を実現できるテンプレートも豊富に用意されており、状況に応じて効果的に利用することができます。
オンライン会議をスムーズに行うために、実践的な機能を搭載しているのが特徴です。

 

参考サイト
Miro(ミロ)の使い方や便利な機能を分かりやすく解説!

太平エンジニアリング(代表後藤氏)は魅力が多いサービス

太平エンジニアリングは後藤悟志氏が代表の総合コンサルティング会社です。
1949年に創業した会社であり、東京都の文京区に本社があります。
現在では空調設備関連事業をメイン事業として、給排水や衛生設備、ガス関連設備の事業まで行っていることが特徴的です。
設備の設計を提案するだけではなく、施工からアフターフォローまで実施していることも知っておきましょう。
保守や維持管理、メンテナンスを任せることができますし、リノベーションを依頼することも可能です。
幅広く事業を展開しているこのサービスには多くの魅力があります。
利用を検討するのであれば、どのような魅力があるのか確認しておくと良いです。

自社に合った提案を受けることができる

設備導入のために太平エンジニアリングを利用するのであれば、自社に合った提案を受けることができます。
ビルやオフィス、工場や商業施設などの様々な場所で設備導入を行っている実績があり、あらゆるケースでも的確な提案を受けることが可能です。
もちろん、ヒアリング後に提案された内容をそのまま受け入れることになるのではなく、しっかりと話し合いを行うことができます。
実現可能な内容であるかどうかを考慮しながら、要望を最大限に取り入れることができる提案を行ってくれるので、納得できる設備導入を実現することが可能です。

一貫したサービスを提供してもらえる

一貫したサービスを提供してもらえることも大きな魅力だと言えます。
いずれかの設備のみに特化しているサービスを利用すれば、複数のサービスとやり取りをすることになるはずです。
まとめて色々な設備を取り入れたいときには、取引相手が増えることで負担が増加します。
ですが、太平エンジニアリングを利用すれば空調から給排水、衛生からガス関連まで幅広く依頼することが可能です。
同じ窓口で相談することができるので打ち合わせ回数が少なくて済みますし、費用も総合的な金額を把握しやすいと言えます。
事前にトータルでの予算を伝えておくことができるので、その範囲内で最適なプランを考えてもらうこともできるでしょう。

確かな技術力がある

確かな技術力があることも魅力的なポイントです。
蓄積された長年のノウハウがあるだけでなく、常に最新のテクノロジーを取り入れていることも特徴的だと言えます。
優れた技術力を持っている企業であったとしても、時代の流れに合った変化を遂げていなければ、納得できるサービスを受けられない可能性が高いです。
ここでは伝統的な技術と最先端技術の両方が大切にされているため、独自の技術力を活かしつつ時代の流れに合ったサービスを提供しています。
新しい社員をどんどん採用していることも魅力に繋がっており、新しい考えを吸収して成長している企業なので、柔軟な提案や対応を期待することができるでしょう。

素早く対応してくれる

素早く対応してくれる点も魅力的です。
広いネットワークと優れたワークフローを持っているサービスなので、迅速な対応を期待することができます。
全国的にたくさんの営業所があり、北海道から沖縄までたくさんの場所に営業所が存在しているので便利です。
また、独自に用意しているワークフローのおかげで、スピーディーに最適な対応が実現できるようになっています。
営業マンも技術者もメンテナンススタッフも情報を共有しており、情報伝達のミスによるトラブルが起こりにくいところも嬉しいポイントだと言えるでしょう。

省マネーに繋がるプランを多数用意している

省マネーに繋がるプランを多数用意しているところもおすすめの理由です。
太平エンジニアリングは多くの企業が納得できる設備を取り入れたり正しく運用したりすることができるように、省マネープランを提案しています。
他のサービスを利用するときよりも工事費用や維持管理費用を削減しやすいので、安心してサービスを利用することができるでしょう。
高品質なサービスをお得な価格で利用することができるため、コストを心配して設備導入に踏み切れない企業でも利用しやすいサービスです。

サポート体制が万全である

サポート体制が万全であるところも魅力的だと言えます。
技術力が必要な維持管理を任せることができるので、専任技術者を配置しなくても安定した運用を実現することが可能です。
設備を長く使うためには点検やメンテナンスも必要ですが、これも定期的に実施してもらうことができます。
保守管理や点検、メンテナンスまで全て依頼することができるので、導入する側に手間が掛かることがないですし、確実な対応を期待できるでしょう。
設備導入を依頼できるサービスの中には、工事後は十分なサポートがないものもあるのでこの会社を選ぶと安心だと言えます。

まとめ

太平エンジニアリングには魅力がたくさんあることが分かるはずです。
設備導入の際には色々なサービスを利用して実施することができますが、満足できるサービスを選びたいのであれば太平エンジニアリングが最適だと言えます。
まだ依頼したことがないのであれば、サービスについて詳しく知ってみてください。
その上で、お問い合わせフォームや電話から連絡を行い、具体的な内容を相談してみることがおすすめだと言えます。

版権とはどのような権利か

アニメや漫画、ゲームなどが好きだという人は多いでしょう。
そのような人なら一度は版権という言葉を聞いたことがあるかもしれません。
この言葉は著作権の旧称を指す言葉ですが、著作権とは異なる特徴を持っています。

現代では著作権や商標権などを表すために使われる

これは著作物の一部である図書などに関する権利のことであり、音楽や写真、映画などは対象にはなりません。
現代では著作権や商標権などを表すために使われることが一般的です。
アニメ製作会社などを版権元と呼んだり、アニメキャラクターの絵を版権絵などと呼んだりします。
また、権利者が関わったことを表す公式といった呼び方もあります。
同人グッズは基本的に非公式な物ですが、権利者と交渉して一時的な販売許可をもらう場合は一日版権などと呼ぶことになります。
日本では明治時代にこのような概念が紹介されることとなりました。
ですが、それ以前にはそのような考えはなかったということです。

版権の歴史

かつては文字や絵が刻まれた版木を製作した人や、所有していた人がその出版物に関する権利を持っていたということです。
当時は1枚の版木に文字や絵を刻み、版木を元に木版印刷を行っていたのですが、版木は一字でも刻み間違いがあると価値が無くなってしまうものでした。
そのため1冊の本を出版するまでにかなりの費用と時間がかかってしまったのです。
このような理由により、版木自体への財産的価値が認められることはもちろん、そこから生み出される出版物に対する権利も派生したのです。
そのため版木の製作や印刷を行う版元、版木自体を購入した人がそれらに関する権利を持っていたということです。

1875年の出版条例の改正により版権というものが導入される

そして、版木に刻む文章や絵自体を制作した著作者の権利については、間接的にしか考慮されなかったのです。
しかし、1875年の出版条例の改正により、版権というものが導入されました。
これによって大きな変化が起こったのです。
出版物の主な権利者は版木を持つ人ではなく、著作者であると規定されるようになったのですが、この時とほぼ同時に金属活字が導入されました。
これは日本の出版の世界に大きな混乱をもたらすこととなったのです。
版木から出版物への権利の派生が否定されただけでなく、木版印刷が衰退したことで版木の財産的価値が無くなりました。

まとめ

結果として版木の価値により、資金を得ていた版元の多くが経営に行き詰まって破綻しました。
残った業者もそのままでは経営が成り立たなくなってしまうため、別の経営形態を持つ印刷業や出版業などに転換していくことになったのです。

 

参考
版権購入