日本ユニセフ協会のデマや詐欺情報について

日本国内には国際連合児童基金に関係する組織としてユニセフ東京事務所と日本ユニセフ協会があります。

ユニセフ東京事務所の正式名称は国際連合児童基金東京事務所です。

世界にはユニセフ本部と呼ばれる組織が複数存在します。

東京以外にもアメリカのニューヨークやベルギーのブリュッセル、スイスのジュネーブにあります。

実質的な権限を持っているのニューヨーク本部です。

国際連合児童基金の本部はアメリカやヨーロッパ、日本など先進国に設置されており、各国政府への働きかけを行っています。

◎コラム:UNICEF編 国際機関で働こう!|留学なら留学ジャーナル

本部の他に国際連合児童基金の支援が必要な国では支部が設置されています。

さらにアジア・太平洋地域では地域全体を活動対象とする支部がタイのバンコクに存在します。

国際連合児童基金の正式な組織は大きく本部と支援が必要な国や地域における支部に分類されます。

さらに民間の協力団体としてユニセフ国内委員会があります。

日本ユニセフ協会もユニセフ国内委員会の1つです。

国際連合児童基金の成り立ち

国際連合児童基金は主に発展途上国の子供たちを支援するために設立されました。

日本でも第二次世界大戦後の一時期はニューヨーク本部の支援を受けています。

現在では発展途上国だけでなく先進国の子供たちへの虐待問題に対する政策提言なども行われるようになっています。

ユニセフ東京事務所は日本政府や韓国政府などアジア各国の政府に働きかけを行うことを目的とした組織です。

世界中の本部と支部は連携しながら子供たちが抱える問題の解決に対する支援を行っています。

一方でユニセフ東京事務所などは活動資金を集めるための組織ではありません。

国際連合児童基金は世界各国の民間団体と協定を締結し、資金集めを依頼しています。

協定を締結した民間団体のことをユニセフ国内委員会と呼びます。

日本ユニセフ協会もユニセフ国内委員会として国際連合児童基金と協定を締結し、民間から広く資金集めを行っています。

日本ユニセフ協会で集められた資金は25%が協会自身の活動資金となり、残りが国際連合児童基金に送金されます。

ユニセフ東京事務所などの本部と世界各地にある支部は資金集めのための組織ではありません。

各国のユニセフ国内委員会が資金を集め送金することで、国際連合児童基金の活動が支えられています。

正式な国際連合児童基金の組織は各国に存在する本部と支部ですが、協定を締結したユニセフ国内委員会も重要な存在です。

日本ではユニセフ東京事務所とユニセフ国内委員会が共同でSNSアカウントを作るなど、連携して活動中です。

また国際連合児童基金では広い意味でユニセフ国内委員会も組織の一部として認められています。

 

※参考になるURL→http://www.unicef-chiba.jp/

上手に結婚式場を見つける

愛し合う二人なら、一緒に生きていたいと思う瞬間があることでしょう。

それが本物になって、いざ結婚をするということになったら、問題が特にないようであるのなら、結婚式をしようと考えることでしょう。

中には結婚式を挙げることができるだけの余裕がない場合もあるでしょう。

経済的な問題や肉体的な問題など、人によっても事情は異なるものです。

しかしながら、一生に一度の晴れの姿を他のお世話になっている人に見せたいと思うのが本心でしょう。

そこで二人の愛を誓う瞬間をよい形で演出してもらう結婚式を行うことができるように、自分たちが希望するような挙式ができる結婚式場を見つけたいものです。

結婚式場というと、二人が関係するような場所で、こだわりの式ができるところにしたいものですが、特にホテルだったり、結婚式専用に行うような会場だったり、場合によってはパーティウェディングができるようなところにしたいものです。

選び方としてはどこに焦点を当てるのがいいのかは二人によるのですが、予算で決めるのか、会場の雰囲気で決めるのか、日程などで可能なところで決めるのか、それぞれになります。

また、式場では宣伝も兼ねてフェアを行って食事や模擬挙式を体験できたりすることもありますし、日ごろから相談などをしやすい雰囲気にしているところもあります。

ですから、興味のある会場に出向いて比較をしていくようにするのもいいでしょう。

挙式に参列する人たちの都合も考えながら、どこの駅がいいのかといったエリアも検討していきましょう。

新郎側と新婦側でともに都合のよいところを決めていくといいのです。

最近はウェディング用の雑誌も販売されていますし、テレビコマーシャルなどでも宣伝を見かけることもあります。

それも参考にしながら、会場だけでなく、衣裳やお花、引出物やお引き菓子、料理などもトータルで検討していくといいでしょう。

そして結婚式の当日には、素敵な晴れ姿を披露したいものです。

■結婚式場を選ぶポイント

いざ結婚式を挙げるとなると、たくさんある結婚式場からどこを選ぶか悩みますよね。

一生に一度の結婚式でまず大切なのは結婚式場 選び方です。

失敗しないためにも選ぶポイントを紹介します。

まず式場にはホテルウェディング、ハウスウェディングなど様々な種類があります。

ホテルウェディングは宿泊も同館でできるメリットがあり、ハウスウェディングは貸切でパーティーを行いやすいなど、それぞれに得意な部分があります。

まず自分たちがどんなタイプの結婚式を挙げたいのかをいくつかイメージしておきましょう。

イメージができたらいよいよ式場見学です。

一ヶ所に絞るのではなく、必ず何ヶ所か下見をするようにしましょう。

その際には設備、館内の清潔さや広さなど見る点がたくさんありますが、一番大切なのはスタッフの対応です。

一緒に結婚式を作っていくスタッフとの相性がよくないとトラブルのもとになりやすいので、費用や設備よりも大切な要素となります。

式場見学を行ったら、必ず全箇所で見積もりを出してもらうようにしましょう。

比較することで値下げ交渉もできるため、元の料金よりもお得に式を挙げることも可能になりやすいです。

ここで気をつけなければならないのが「実際は見積もりよりも大幅に金額が上がる」ということです。

見積もり金額はあくまで最低金額です。

そこからどれだけオプションをつけていくかによって大きく変わります。

しかし親切な式場はその都度見積もりを出し直してくれたりするので、安心して準備を進めやすくなります。

昔は王道の結婚式場やホテルウェディングが主流でした。

大きな会場で盛大なパーティーを楽しむことができ、サービススタッフの接客も格式高いところが多かったため、非常に魅力的でした。

しかし今日ではハウスウェディングが人気を集めています。

ゲストとの距離が比較的近く、パーティー感覚で楽しむことができます。

また式の内容もカスタマイズしやすいため、工夫次第で費用を抑えることもできます。

シンプルな投資法で勝つ株式投資

続けやすい投資のポイント

株式投資の世界では色々な手法があり、人によって合う合わないが違います。

どの方法が良い、悪いというわけではなく、利益が出ればどの手法でも良いです。

しかし、全く経験がなくて金融系の仕事でもなく、数字が苦手な人が手を出す場合は、基本に忠実でシンプルな方法で投資を行ったほうがいいでしょう。

シンプルで続けやすい投資のポイントは「分かりやすい」「儲かっている」「小さい」の3つです。

まず「分かりやすい」というのは、事業内容が自分にとって分かりやすいかどうかということです。

株の世界では、その時々でスポットがあたったテーマによって5倍、10倍などと爆上げする銘柄が出てきます。

最近では、ゲーム、バイオ、人工知能、フィンテック、などが注目されています。

また、国策が発表された時に関連銘柄の注目度が一気に上がることもあります。

テーマ株をタイミングよく把握できるようになれば、短期間で10倍の利益を上げることも可能です。

事業内容がわからなくても旬のテーマでストップ高になった銘柄を翌日朝イチで購入すれば、中には順調に値上がりしていくものもあります。
しかしそのあとは下がっていくのが普通です。

玄人投資家であればそこで見切りをつけてすぐに売るのですが、素人だとその見極めができなくてズルズルと損失を膨らませていってしまうことが多いです。

逆に順調に上がったものをいつ利益確定すればいいのかわからず、儲けが減ってしまうこともあります。

これは事業内容がわからない銘柄に手を出してしまったことが原因です。
なぜ下がっているのか、なぜ上がっているのかという理由がわからないので、感情のままに手を出してしまい失敗してしまいます。

これを防ぐには、自分が買う銘柄は事業内容がよくわかるものに限定することがポイントです。

例えば女性であれば飲食、アパレル、美容、教育などは身近で事業内容がわかりやすいでしょう。

こういう企業の事業内容について詳しくなると、世界が広がってさらに他の分野の銘柄にも興味が湧いてくることもあります。

儲かっているかどうかもポイントになる

投資のポイントの2つ目は「儲かっている」ということです。

毎年順調に売り上げ利益が伸びている会社を選ぶのがポイントです。

これは数字を見ますが、難しい計算をするわけではないので数字が苦手な人でも大丈夫です。

会社のホームページや会社の業績が書かれている雑誌を購入して、業績をチェックします。

過去3年くらい遡って、業績欄の数字が徐々に大きくなっていれば利益が増えている可能性が高いです。

赤字からのV時回復や利益が減少していても、それが増益につながるということで銘柄を選ぶ上級者もいますが、実力を秘めている銘柄を探すのはプロにならないと難しいです。

まずは誰にでもわかる優良銘柄を探せるようになることが初心者には大切なステップです。

小規模な会社を選ぶべし

投資法の3つ目のポイントは「小さい」です。
CMで大々的に宣伝しているような大きな会社ではなくて、聞いたことがないような小さな会社を選ぶということです。

いわゆる小型株と呼ばれている銘柄のことで、具体的には時価総額500億円以下くらいが目安です。

時価総額は会社の規模を表す用語で、企業が発行している株の数×株価で計算できます。

わざわざ自分で計算しなくてもネットの株の情報ページや情報誌に記載されているので、時価総額の項目をチェックすればOKです。

小さな会社のメリットは、事業内容が分かりやすいことです。

大きな会社だと色々な事業に手を出していることが多く、把握しづらいですが小さい会社だと1つの事業に絞って事業を行なっていることが多いので分かりやすいです。

また、成長の伸びしろが大きくて株価に反映されやすいというメリットもあります。

小さい会社でヒット商品が誕生すると、売り上げ利益が数年で2〜3倍に膨れて、それに従い株価が5〜10倍と大きくなることが多いです。

大企業だとヒット商品が1つ生まれた程度では全体の売り上げに大きく影響しないので、株価の上昇余地も小さくなってしまいます。

さらに、小さい会社だとプロ投資家たちと戦わなくて良いというメリットもあります。

大企業にはプロの機関投資家たちが様々な手法で綿密に分析してチャレンジしてきます。

個人投資家が得られる情報量と質には圧倒的な差があるので、個人投資家が新しい情報をゲットしたと喜んでいる時点で、すでに織り込み済み(株価にその情報が反映されている)になっていることがほとんどです。

これに対して、小型株の情報源は限られていますし、注目している人が限られているので割安なまま放って置かれているものも多いです。

上方修正(従来予測や計画より高く見直すこと)など良いニュースが出ると、順調に素直に株価が上昇していくこともあります。

「分かりやすい」「儲かっている」「小さい」の3つのキーワードを頭に置いておけば、数字に疎い人でも、株式投資初心者でも株の世界で戦うことは可能です。

また、押し目買いなどのテクニックを学ぶならマーチャントブレインズ投資顧問のような投資顧問に相談してもいいかもしれません。

マンションの寿命を織田氏は語る

最近、哀しいことに歳を感じることが多くなってきた。

階段が辛かったり少しの段差でつまずいたり。

嫁と話し合っていたのだが、一戸建てで老後を迎えるのは少し不安ということになった。

そこでマンションに移ることにしたのだが資金的に中古マンションになりそうだ。

しかし、マンションの寿命は30年とよく言ったものだ。

中古マンションでは大丈夫なのだろうか?

嫁と最後まで落ち着いて暮らすために中古マンションの寿命について私、織田茂徳が調べてみた。

 

まず、この「寿命30年」と言うのはただ単に古くなったから取り壊した時の平均の築年数だそうだ。

必ずしも「寿命」だけで取り壊されたものではなさそうである。

中には「取り壊すには早すぎる」と感じた人もいるようだ。

最近の研究によると、住宅の平均寿命は一戸建てが58年、マンションが60年と出ている。

一戸建てとマンションの差があまりないのには驚きだが、築20年の中古マンションを購入しても後40年の寿命があるということになる。

これなら嫁との老後だけなら心配はなさそうである。

築16年過ぎると新築の時の価格から平均して約半額ぐらいになるのでリフォームしたら新築同然になりそうでいい買い物が出来るような気がしてきた。

少し前のマンションでもこれだけの寿命があるのだから最新のマンションならどれぐらいの寿命があるのだろう?

やはり人と同じようにマンションの寿命も延びてきているらしい。

一戸建てもマンションも10年ぐらいで15年以上も寿命が延びている。

その理由は施工技術の進歩と使用している材料のレベルアップにあるようだ例えば、マンションの主要な構造部である鉄筋コンクリートの耐久年数は90年代では60年、2000年ごろには100年、5年ほど前ぐらいから200年と言われている。

大手の会社では500年コンクリートという技術が開発されており、施工実績があるようだ。

200年とはいえ、コンクリートの耐久年数なのだから設備などは別である。

しかし、200年もあれば何世代に渡って財産なるのだろうか。

四季工房の木の家が持つ性質上の利点について

木の家の利点は、木そのものが持つ自然素材としての特徴がそのまま家屋の性質に活かされる点にあると言えます。

鉄骨・コンクリート造の家と比較する事によっても、様々な利点を見出す事が出来ます。

まず木はそもそも植物であるので細胞の集まりによって組織が構成されており、木材に加工されても基本的な変化は起きません。

その為比重が軽い割には、縦方向の引っ張りに対する強度が高いという特徴があります。

単純な強度比較では鉄の方が勝るものの、重量当たりの強度では木の方が上回るという逆転現象が生じています。

しかも比重の軽さから、家全体の重量を軽めに仕上げる事が可能となります。

構造の強化の為に筋交い等を多めにしても全体の負荷が掛かり難い上に、軽量であれば外的な衝撃を受け流し易くなる為に、地震等の揺れ・台風の風圧にも強い家を建てる事が出来ます。

また前述した細胞由来の構造から、熱伝導率が低い傾向にあります。

断熱性の高さと安定した室温の維持に繋がる為、冷暖房効率のアップとエネルギー消費の節減に繋げる事が出来ます。

これに自然ならではの風合いが加わる事で、温かみのある風合いを演出する事にも貢献しています。

その上で木材となった後にも湿度によって水分の吸収・放出をする性質がある事から、室内の湿度の安定にも繋がり易くなり、環境面での安定が齎されます。

加えて意外にも、火災の熱にも強いという特徴があります。

木は鉄やコンクリートと比べると燃え易く、燃焼に至る温度も低くなっています。

ところが柱のように太い木の場合は高熱に晒されると表面が焦げ付き、その部分は通常の木材よりも更に熱伝導が悪い事から結果的に長く形状を保つ事が出来る上、強度も比較的安定する事になります。

焦げたり燃焼したりする段階で放出される有毒な化学物質は不完全燃焼となった際の一酸化炭素以外にはほぼ見られず、発生し得る状況に至るまでには発火からある程度の時間を要するので、万が一の火災の際には避難の為の時間を稼ぐ事にも繋がります。

※四季工房について詳しくはコチラ