【後藤社長】建物に必要な保守管理の詳しい内容

ビルやマンションを建てた後は、その建物を安全に維持するために継続した保守管理を行っていく必要があります。
建物で行われている管理は大きく分けて、電気設備や排水管などを含めた設備保守点検から老朽化を防ぐための建物維持管理、建物周辺の貯水槽や植栽の管理を含む環境保全があり、いつまでも長く維持するためにも行うべき管理内容は幅広いといわれています。
実際に管理方法に関しても自分で行える自主管理から、管理業者に直接委託する方法がありますが、小規模なアパートに関しても専門業者に委託をするケースが増えているため、消防設備の点検からエレベーターの安全機能の確認、防災対策は十分かまでの保守管理でどのようなことが実際に行われているのか、詳しい内容をチェックしていきましょう。

太平エンジニアリング後藤悟志社長に学ぶ建物の特徴

建物にはオフィスビルやレジテンスなど様々な種類があり、規模にもよって違いがありますが基本的にどの建物にも電力や空調、給排水やボイラーといった多くの設備が備わっていることが特徴です。
安全かつ快適な状態で維持させるためには、これらの設備を定期的に点検を行い適切に維持管理していく必要があります。
保守点検の頻度は年に1回から3回と法定点検を行いながら、異常や不具合がないかを専門業者が丁寧に確認し、必要に応じて修繕を行うことで未然にトラブルを防ぐことができます。
この法定点検とはビルの安全性を保持するために、法令によって義務つけられた最低限の定期点検を指します。
建築基準法・電気事業法・消防法・省エネ法・ビル衛生管理法といった法令に基づいた各項目の点検を、定められた頻度で実施することが定められています。
もし法定点検を正しく行わなければ罰則を受ける可能性があり、項目によりますが100万円以下の罰金が課させられる可能性があります。

参考/後藤悟志(太平エンジニアリング代表取締役社長)太平エンジニアリングについて詳しく

保守点検が重視されている理由

保守点検が重視されている理由の1つには、過去に防火設備が不十分なままでビルの所有者や管理者が虚偽報告を行っていたケースがあるためで、その後火災が発生し死傷者が出た事故では刑事罰を問われた事例がありました。
こういった甚大な事故が発生した場合は、ビルの所有者もしくは管理者の管理責任が問われることになるので、安全かつ快適に維持していくためには定期的な保守点検が欠かせないといえます。
同時に保守管理において火災が起こった場合、施設内にいる人の安全を確保するためには防災への備えが欠かせなくなってきます。

太平エンジニアリング(代表後藤氏)は魅力が多いサービス

法定点検においての警備や防災の取り組み

法定点検において警備や防災の取り組みとして行われているのが、総合消防設備や外気消防設備、スプリンクラー設備や排煙設備の点検を1年に1回行い、他にも連結送水耐圧試験や防火対象物定期検査、消防訓練などを決められた頻度で行うことも重要です。
防災以外でも施設内の警備業務は機械警備などのセキュリティシステムと人的警備で行うことになります。
機械警備の場合は施設内にセンサーを設置することで、施設への侵入から火災の発生などちょっとした異常を感知した時点で警備員が現場に駆けつけて対応することになります。
過去は人的警備が当たり前でしたが、セキュリティシステムの発達によりビルなどに常に警備員が常駐する警備形態は減少しており、近年は遠隔で監視や制御を行う機械警備が一般的に普及しています。

定期的な清掃

そしてビルを快適に使用するためには、定期的な清掃を行って衛生管理を行うことが欠かせません。
施設を利用している人にとって快適な環境を提供することができれば、テナントの入居率にも直接影響を与えることになりますし、ビル自体の資産価値を維持するためには欠かせない要素の1つといえます。

清掃・衛生に関する保守管理の具体的な内容

では清掃・衛生に関する保守管理ではどのようなことが行われているのかというと、一般的に日常的な清掃に加えて定期清掃といった業務の他に、リニューアル工事や引き渡しをする際に行う特別清掃があります。
清掃作業を行う作業員は、施設内の汚れをしっかり除去しながら同時に設備に異常が起こっていないかなども細かくチェックをしながら作業を進めていく必要があります。
実際に行われる作業では、床やトイレといった水回りの清掃を行うことをはじめ、水回りや窓ガラス、外壁に給排気口に溜まりがちな汚れを定期的に清掃することで良い衛生状態を維持するように務めます。
こういった基本的な清掃業務の他にも産業廃棄物の処理が含まれるケースも多く、ビル衛生管理法に基づく衛生管理業務では、施設内の空気環境測定を行ったり、害虫駆除や飲料水の水質検査、給排水設備の清掃なども行う必要があります。

まとめ

こういった保守管理を行う管理会社は会社の成り立ちや特定の業務に特化しているなど事業者の特徴に種類があり、大きく分けて主に親会社のグループに属している系列系と独立系の2種類に分類されます。
系列系は親会社のデベロッパーやゼネコンが手掛けた物件を主に扱う場合や、保有しているアセットをマネジメントする不動産会社の系列、さらに清掃や内装を手掛ける会社が事業を拡大して管理業務を行うなど様々です。
独立系は系列グループ会社を持たないなど会社の規模や特徴は業者によって千差万別のため、特徴を正しく理解して管理会社を選ぶ必要があります。

 

「建物 保守点検」に関してよくある質問

Q: 建物の保守点検は何ですか?

A: 建物の保守点検は、建物の構造や機能を点検し、障害や不具合がないかを調べることを指します。これにより、建物を長期的に安全かつ効率的に使用することができるようになります。

Q: 建物の保守点検をするタイミングは?

A: 建物の保守点検は、建物の構造や機能が変化しない限りは定期的に行うべきです。一般的には年に1回か2回程度が推奨されています。

Q: 建物の保守点検をするためには?

A: 建物の保守点検をするためには、専門の技術者による点検が必要です。彼らは、建物の構造や機能を調べ、障害や不具合がないかを判断します。また、必要に応じて修理や交換を行うこともできます。

蓄電池と石油エネルギーの関係

「蓄電池って何?」
「蓄電池と石油エネルギーの関係について知りたい」
「エスコシステムズさんの口コミは?」

バッテリーは電源を内蔵した単独のマシンとして使える強みがあり、車やバイクなどではお馴染みの存在になります。
エンジンの回転で発生した二次エネルギーを使いダイナモを回転させることで、バッテリーを走行中に充電することで安定的な稼働が行えるのです。
ウインカーやヘッドライトなどは電気により稼働しておりますし、点火プラグなどの内燃機やキャブレターインジェクションなども電気の補助により安定して運転が行われております。
車やバイクだけではなく電動アシスト自転車はモーター駆動で補助をしておりますし、モバイル機器やノートパソコンではリチウムイオンタイプのバッテリーを搭載して稼働させているのです。

参考/エスコシステムズ口コミ

エスコシステムズが教える蓄電池利用の動き

腕時計だって近年はソーラータイプならば同様のシステムが、あの小さい機器の中に入っており、家庭用の照明や野外の日光などから光エネルギーを電気に変換して蓄えております。
こうしたシステムを現在大型の蓄電池にして、家庭用で利用する動きが進められているのです。
日中の日射を使いソーラーパネルにより太陽光発電を行うことで、昼間に作った電気や温水を夜間に使うことで省エネを実現出来ます。
夜に使う分のエネルギーはチャージされた状態であり、蓄電池から各部屋に供給されるので貯蓄した分を使い切らなければ夜間の電気代はほとんどかかりません。
将来的には火力発電や原子力発電などではなく、再生可能エネルギーにより循環型の社会システムが実現するように、世界的に技術開発や法整備が進められているのです。
自宅の屋根や山の斜面などを使い開発を行っておりますが、将来的にテクノロジーが進化すれば、小規模なスペースでも効率的な発電が可能になるかもしれません。
こうした技術が確立されれば、市町村単位で複数のソーラービレッジを並列化して互いに補いながら、発電所に頼らずにエネルギー供給が可能になるのです。

適切なプロパンガス会社を選びましょう

宇宙空間で太陽光を利用することも予測されている

その他には地上で発電するのではなく、宇宙空間で太陽光を利用することも予測されております。
大気圏外で作られたエネルギーを、雷のように発射して地上のアンテナに誘導して電気エネルギーに変換するのです。
現在は理論だけですが実験を繰り返すことで、実用レベルまで発展させることが目標化されております。
メガソーラーや大規模送電などでは、エネルギーロスやインフラの維持整備の問題、環境に対するインパクトが強いデメリットがあるのです。
解決するには積極的に新技術を開発するしかありません。
現在の蓄電池は主に鉛電池やニッケル水素電池やリチウムイオン電池が有名であり、その他には全個体電池やNAS電池などが開発されて今後の進化に期待がされております。

電気を蓄えることも今後の人類の未来のためには欠かせない要素

電気を生み出すことだけではなく蓄えることも、今後の人類の未来のためには欠かせない要素なのです。
電池の容量が増えてロスが減り、大電流を安定して制御出来れば小型の揚水発電などに使えます。
小さな小川や水路を利用して、発電効率の良い揚水発電を行うことで電力需要を賄える部分が大幅に増えることが試算されているのです。
また従来型のハロゲン電球がLEDや有機ELに代替されて消費電力が減ったように、新技術によりエネルギー効率の良い電化製品や汎用製品などを作ることも今後を左右します。
LEDが同じ明るさならば消費電力が80%程度低いように、こうした効率の良い技術を産業界に取り入れられれば、単純計算で必要なエネルギーは現在の20%になるのです。
エネルギーを生み出すことだけに注力するのではなく、効率化して省エネルギーに変換してゆくこともこれからの資源問題へのアプローチになります。

石油の代替エネルギーへ転換して行く必要が差し迫っている

そしてこうした技術の仲介になり媒介になるのが、蓄電池バッテリーに外なりません。
現在はガスや石油エネルギーが文明の源泉となっております。
この天然エネルギーは地球上に太古に生息した植物プランクトンや、古代生物の変化したものだと言われているのです。
遠くない未来に枯渇する運命であり、このまま石油に依存すると地球温暖化や環境破壊が致命的になってしまうと警鐘を鳴らす科学者も少なくありません。
よりクリーンでエネルギー効率に優れる、石油の代替エネルギーへ転換して行く必要が差し迫っております。
現在は電気がその筆頭になりますが、その他では水素なども候補にあがっているのです。
天然ガスの一種であるメタンハイドレートなども候補ですが、採掘コストや安定運用への課題があり実用化には至っておりません。
産業や文明がこれから進むべき道は、環境への問題を克服してゆく必要性があります。
このまま地球上でエネルギーが使われ続けると、100年後には水位の上昇で地表の面積が減少しますし、場所によっては高温になり過ぎて住めなくなるのです。

まとめ

気温の上昇によりウイルスが活性化して、森林が減少して生態圏が崩れることも予測されております。
バランスが崩れることは加速度的な環境変化を起こすからです。
地球は一つの生命体だと言った科学者もおり、全ての物事は密接に繋がっております。

そもそもUSCPAとは?仕事の内容や年収などを考察

「USCPAってどんな資格?」
「USCPAの年収が知りたい」
「日本の公認会計士と米国公認会計士はどう違うの?」

USCPAと聞いたとき、米国公認会計士の略語であり英語で略さずに説明すると「U.S.Certified Public Accountant」になる、アメリカの各州内で認定が行われる資格、このような基本的地な知識を持つ人はそれほど多くはないかもしれませんね。
会計士や税理士などの有資格者やそれを目指そうとしている人などは熟知されているかと思われますが、会計や経理などの仕事に携わっていない人にとって馴染みがあるものはありません。

このような特徴を持つUSCPAではあるけれども、アメリカ国内はもちろん世界的に有名であり活用できるシーンが多いなどから世界的に注目を集めていること、そして日本の中でも注目を集める会計士資格といっても過言ではありません。
ここでは、USCPA(米国公認会計士)とは何を意味するのか概要や仕事内容などについてご紹介することにしましょう。

英語は苦手という人はこの英語勉強法を試してみて

USCPAとは

既にふれているけれども、これは米国会計士の呼び名になるもの米国公認会計士などのように日本語で呼ばれることもあるし、略語で呼ばれることもあります。
さらに単にCPAと呼ぶ人も多いようです。
この資格を持つ人の主な仕事内容はアメリカの法律に基づいた税務申告やグルーバルな要素を持つ会計業務、英文財務諸表を使う仕事や会計および経営に関するコンサルティングなどの4つが主体です。
仮に、日本企業が海外の会社とパートナーシップ関係を締結するためにはこれら4つの対応は必要不可欠です。
イメージとしては、会計分野において日本および海外企業の間に入る感じになります。
英文財務諸表を読むためにも、国際会計や英語の知識は欠かせませんので、一般的な会計士よりもグレードが上などの印象を抱く人も多いといえましょう。

知識およびスキルは日本の中で生かすことができる

会計などの仕事をしている人でも、米国の中が付いているのでアメリカの中で有効になるものなどのイメージは強めなどからも、日本の中で会計の仕事をしている人が取得しても活躍の場はないかもしれない、このように考えがちです。
しかし、知識およびスキルは日本の中で生かすことができますので活躍の場がないわけではありません。
会計および経営の能力が求められる場面の中でも国際会計が求められるところ、このような条件が揃っていないと資格を取得していてもそれを活かせるとはいい切れません。
日本の中で活躍できる場面はあるけれども、日本の公認会計士の資格と比較をしてみると選択肢は少ないのが現状です。
少ないといっても活躍ができないわけではなく、米国公認会計士以外の代わりは効かないケースこそUSCPAの力が求められる場面ですし、日本の公認会計士とは異なる役割を持つなどの特徴があります。

米国公認会計士の年収

日本の公認会計士は高収入といわれているけれども、米国公認会計士の年収はどのくらいになるのか気になる人も多いことでしょう。
職場や国より年収は異なるようですが、日本の中で活躍するシーンを想定した場合には監査法人などでは500~600万円(ポジションに応じて800万円を超えることもある)、コンサルティング会社などでは500~700万円(知識や経験年数などで若い世代でも1,000万円を超える年収も期待できる)、外資系企業では500~700万円(マネージャークラス以上は高年収)とされます。

民間給与実態統計調査データ

高年収のように思えたけれども、意外と年収が低めなどのように感じた人も多いかと思われますが、これらの情報から年棒が高いのか否かを判断するためには明確な基準が必要になって来る、このときの指標になるのが日本の平均年収であり国税庁が発表した民間給与実態統計調査データが役立つ存在になってくれます。
民間給与実態統計調査データでは、国内において年齢や職種などを問わない平均が400万円台後半の結果になっていて民間給与実態統計調査そのものは毎年実施されていているのが特徴です。
時代とともに上下はするけれども、10年間の中での変動はそれほど大きいものではく400万円台の前半などの結果です。
これを考えると、500~800万円の年棒は高収入といえる金額になることが分かるのではないでしょうか。

日本の公認会計士と比較するとそれほど高収入ではない

日本の公認会計士の場合は、年齢および職場を問わない場合の年棒は900万円を超えるとされますし資格取得直後の場合でも監査法人なら初任給は500万円を超えるケースは多いようです。
昇進することで金額がアップするので、高いポジションに就いた人は1,000万円を超えることは珍しいことではありません。
これを考えると、USCPAは高年収の部類に入るけれども日本の公認会計士と比較するとそれほど高収入になるものではない、このように考えることもできます。

まとめ

年収だけを考えるとUSCPAは日本の公認会計士よりも貰える金額が少なくなるし、日本の中で活躍ができる場面は一般的な資格よりも少ないイメージです。
苦労して資格を取得しても意味がないのではないだろうかなど考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
公認会計士と米国公認会計士はそもそも資格の特徴が異なる、日本の中では活躍の場もあるし一般的な資格では対応が難しいこともできるなどの強みを持つことも覚えておきましょう。

富士学院のような個別指導のメリットを覚えておこう

「将来医者になりたい」
「医学部予備校を探している」
「富士学院の評判や学費、特徴などを知りたい」

将来医者になりたいとなった場合には、医大に入学する必要があります。
その選択を叶えるために医学部の予備校に通いたいと思う人も多いはずです。
一般的に医学部予備校は大きく分けると集団授業、そして個別指導の2つに分類されることになります。
学費、講師の質等については関心が高いかもしれませんが、やはり指導方法は元勉強の質をきもある上でも大きなポイントの1つとなります。
大手の予備校に多いものが集団授業であり、富士学院のような医学部専門予備校に多く見られるものが個別指導と呼ばれるものです。
どちらにもメリットがあるものの、それぞれのメリットを比較した上で、しっかりと不調を把握しておくことが求められます。

参考:医学部受験予備校(富士学院など)、大手予備校との違いは?

派遣で事務系の仕事に役立つ資格とは?

集団授業が行われている医学部予備校のメリット

学費が安い

まず最初に集団授業が行われている医学部予備校は、一番のメリットはなんといっても学費の面と言えるでしょう。
個別指導と比べた場合には、学費をかなり安く抑えることが可能です。
生徒1人に対して講師1人が指導を行うのと、数十人の声と一緒に指導するのとでは、当然のことながら学費が大きく異なってくることがわかるでしょう。
数十人の受験生と一緒に授業を受けることから、周りの人たちと話すきっかけをつかむことができます。

友達や仲間ができやすい

友達や仲間ができやすいことも1つのメリットと言えるでしょう。
予備校にはスタッフや講師もいるものの、同じ受験生同士で話し合うことができる仲間がいると言う事は、受験生活が辛い中、それを乗り切るためには、大きな心の支えにもなることでしょう。
医学部に合格する事は、同じように医師を目指した上で学生生活を送ることにもなるため、辛い予備校の時代を共に過ごすことができる仲間がいれば、これからもかけがえのない存在になるはずです。

個別指導の医学部予備校の場合

丁寧な指導を受けることができる

その一方で富士学院のような個別指導の医学部予備校の場合には、丁寧な指導を受けることができる点が1つです。
生徒一人ひとりに対して講師がついてくれることにもなるため、その生徒がどんな分野が苦手であるのか、また得意なところはどうやって伸ばしていくのかなどと正確に把握することができます。
これをもとにして授業のカリキュラムを組むことができます。
このような事からしっかりと理解できている部分はほどほどに勉強し、苦手な部分を重点的に教えてもらうことができるため、効率の良い勉強を続けることができるでしょう。

学費の面を見ると少し高め

合格の可能性が高い医学部を提案してもらうこともでき、講師の指導に合わせて勉強することにより、大きく成績が向上することも期待できます。
しかしその反面学費の面を見ると少し高めになる事は避けられません。
他の生徒との接点が少ないため、友達もできにくい傾向にありますが、余計なことに振り回されることもなく、勉強に集中することができる点は1つのメリットといえます。

富士学院のような個別指導の医学部予備校に通うメリット

リラックスした雰囲気の中で学ぶことができる

富士学院のような個別指導の医学部予備校に通うことのメリットとしては、ごく少人数で授業受けることができるため、リラックスした雰囲気の中で学ぶことができる点です。
大人数の集団授業となると勉強に集中できないこともあるでしょう。
これでは授業受ける意味が全くないことになってしまいます。
富士学院のような個別指導であれば、マンツーマンから最大でも3名程度です。
周囲のペースに乱されることなく授業受けることができるため、気がついたら授業についていけなくなってしまったと言うことにもならないのです。
少人数授業であれば、たとえ4号5号が違っていたとしても、同じ目的を持つライバルと一緒に学習をすることになるため、自然に意欲が芽生える事もあるでしょう。

自分のペースで学ぶことができる

最大のメリットは自分のペースで学ぶことができる点です。
集団授業となると疑問点や不明点があったとしても、質問することができずに周囲を気にして遠慮してしまいます。
個別指導ならば1人の生徒に1人の講師が担当することになるため、遠慮することなくわからない部分を質問することができるでしょう。
勉強を怠ってしまうと集団クラスではは目立ってすぐにわかるため、勉強しないわけにはいかなくなるのです。
授業に集中し取り組むようにもなるため、学力アップが期待できることでしょう。
講師が親身になり一人ひとりに合わせて丁寧な授業を行ってくれるため、特に集団授業となると集中力が続かずに怠けてしまうと言う人にはぴったりです。

まとめ

医学部予備校により集団授業と、少人数制の個別指導を組み合わせているところもあるため、見学をしたり体験授業を受けるなどして、どのタイプが自分に向いているのかを見極めることが重要です。
このような中で富士学院のような個別指導が合っている受験生のタイプについて把握していきましょう。
個別指導の場合には、生徒がどのような苦手分野があるのかを洗い出した上で対策が行われます。
得意な分野は伸ばしていけるようにと、無駄のない授業のカリキュラムが組まれます。
このようなことから効率の良い学習を指導してもらえることにつながり、効率の良い学習が期待できます。
自分では勉強をどうやって行けば良いのかわからない、学習計画が立てられないと言う場合には特に向いているといえます。

出会い系とマッチングアプリの違いとそれぞれの特徴について

「出会い系サイトとマッチングアプリは違うの?」
「マッチングアプリのメリットを知りたい」
「Jメールの特徴や料金、利用者の評判が気になる」

男女の出会う方法は、昭和のはじめの頃は共学で通っている同級生やもう少し前だと文通で手紙のやり取りで異性との交際をする事が多かったです。
それから時代が流れて、男女の交際の方法として出会い系のサービスやマッチングアプリなどが登場してきて、昭和の時代よりも全く顔の知らない異性との出会いができるようになりました。
そこで有名な出会い系サービスとマッチングアプリの違いや、それぞれのメリットとデメリットを使った事のない人にも解りやすいように紹介します。

【参考】出会い系アプリ「ミントC!Jメール」は会える?口コミ評価から判明した3つの注意点
https://love-hacks.jp/jmail-apps/

昭和の後期のテレホンクラブが発祥

出会い系のサービスが登場したのは、昭和の後期のテレホンクラブが発祥で、有料の性風俗サービスとして登場しました。
システムとしては、男性客が風俗店が経営する電話1台が置かれた半畳ぐらいのブースに入って、ひたすら女性からのフリーダイヤルを待つ下心剥き出しのサービスでした。
女性は電話ボックスに貼られたシールのフリーダイヤルで公衆電話から掛けてきたり、ポケットティッシュに書かれた電話番号からかけてくるのが通例です。
そして性欲を満たしたい女性が、男あさりの目的で電話をしてきて、その風俗サービスに掛けてきます。
当然ですが男性客に対して、電話を掛けてくる女性が圧倒的に少ないので、早く取った方が勝ちなので店内では熾烈な受話器はや取りの戦いが起きてました。
男女の欲望のはけ口のサービスだったため、様々なトラブルもありニュースでも報道されて、連日殺人や詐欺や恐喝被害がテレビのニュース番組で流れてました。
それに加えて、電話ボックスから女性がシールを見て掛けてくるサービスさったので、電話ボックスには卑猥なシールが無許可に貼られて青少年が見たり電話ボックス内で女性が長居する事が問題になって取締りが強化されて衰退しました。

【宇田氏から学べ!】個人投資家とはどういった活躍をしているのか

出会い系サイトやダイヤルの特徴

その後に出てきたのが、出会い系サイトやダイヤルで、携帯電話を使ってシール被害が無くなった事や男女の巡り会いのサービスとして再度ブームになりました。
サービスのメリットは、簡単に面識に無い男女が出会える事で、携帯電話の普及に伴って利用者が急増しました。
結婚式でのなれそめを語るムービーでも、バブル時代に利用者が多かったので恥ずかしげもなくテレホンダイヤルで知り合ったなれそめを語る人もいました。
だけど風俗サービス由来だったため運営団体が暴力団などのアングラ系が多くて、録音して顧客を脅迫するなどの刑事事件が話題になってました。
それ以外にも昔のテレクラ時代の名残で、殺人やレイプなどの暴行事件の被害が出て、連日のように報道されてイメージがダウンして行きました。

マッチングアプリサービスが普及し始める

その後スマートホンが普及して、マッチングアプリサービスが普及し始めました。
テレクラなどの風俗サービスとの大きな違いは、サービスを利用するには身分証明が必要になった点と運営会社がアングラでは無くて有名な大手企業やその系列会社が運営するようになった事です。
マッチング系のアプリは、利用者の身元が割れているので、匿名で犯罪目的で利用する人が激減して、犯罪がらみのイメージが減少して気軽に利用しやすくなりました。

出会い系サービスのメリットとデメリット

出会い系サービスのメリットは、男女の利用者が共に、性欲を満たすための肉体関係希望者を求めて利用している事が多いので、その目的を満たす相手が直ぐに見つかる簡単さにあります。
風俗のホテトルサービスと違って、性交渉する場所だけで済むのでお金が掛からない事もメリットです。
お笑い芸人で話題の多目的トイレを使えば、無料で済むと言っている人もいました。
但しデメリットもあって、相手の素性が解らないので犯罪に巻き込まれるリスクがあります。
性交渉目当て以外の巡り合いが難しい点も、デメリットと言えます。

マッチングサイトは犯罪のリスクも少なく健全な男女の交際相手を探せる

それに比べてマッチングサイトのメリットは多く、例えば利用するためには登録時に年齢や出身地や住所や身長や血液型や体型や喫煙の有無や離婚歴や仕事や趣味などを事細かく記入させられます。
そしてその裏付けとして、収入証明書の提出が義務のアプリまであります。
だから安心して、犯罪のリスクも少なく健全な男女の交際相手を探す事が出来ます。
有料と言っても、テレクラのように高額のお金が必要なくて、その点は気軽に利用できます。
料金が安いサービスが多いので、大学生や低収入の人が交際相手を探すのに気軽に利用する事が可能です。
スマートホンを使い慣れている世代にとって、すごく使いやすいように出来ているのもメリットです。
相手とのやり取りは、SNSサービスを同じようにスマートホンで文字入力するだけなので、スマートホンを使い慣れている人には利用しやすいです。

まとめ

デメリットもあって、登録しただけで簡単に相手が見つかるわけではない点です。
登録者が多いサービスだと、余程顔やスタイルがいいとかが無いと、プロフィールの文章で判断する事になります。
そうするとやはり相手に上手にアピールしないと、マッチングも難しくて交際できないです。
それ以外デメリットはマッチングアプリでも、サクラや風俗の宣伝目的のホストや風俗嬢もいます。