アフリカの貧困のためにできることとは

日本にいながら、アフリカの貧困を改善させるためにできることは何かと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、世界の貧しい地域の人々を援助する活動をしているユニセフや赤十字などの団体に寄付をするというのも1つの方法です。
そのようなとき、選択肢となる可能性があるのが国連機関の1つにあたる国際連合児童基金です。
この団体は、世界の様々な国や地域で活動をしています。
その数は190以上にも上り、それぞれの国やNGOなどと一緒に協力して支援活動をしているのが特徴です。

UNICEFでは世界の33か国に国内員会が設けられている

国連機関であるUNICEFのほかに日本ユニセフ協会というものもあるほか、東京事務所と呼ばれるものもあるのでこれらはどのような違いがあるのか分からないと思っている人もいるかも知れません。
名称が似ているのでどれも同じように思われることがあるからです。
とはいえこれらはそれぞれ異なった役割があります。
UNICEFでは世界の33か国に国内員会が設けられています。

日本ユニセフ協会の役割

日本にあるのは1955年に設立された日本ユニセフ協会です。
個人や民間企業・団体とUNICEFを繋ぐ役割を担っています。
またアメリカのニューヨークに本部がありますが、駐日事務所となるのが東京事務所です。
こちらは個人や個人や民間の企業・団体の窓口となるものではなく政府や国際協力機構、非政府組織などとの連携をするためのものとなっています。

UNICEFの目的

ユニセフ

目的は子どもたちの命や成長を守るため、各地で集められた募金も支援が必要な国や地域の子どものために使われています。
命が脅かされたり、健やかに成長することができないような環境にいる子どもの命を守ったり生活環境を改善させたりするのに役立てられているのです。
例えば栄養不足に悩まされている状態を改善させたり安全に飲めるような水を得るための施設、衛生施設を普及させることに使われます。
また教育が受けられないような環境を改善させたり、過酷な状況にある子どもを保護したりします。
さらに、急な災害で被害を受けた地域の緊急救援なども行っているのが特徴です。
支援する国や地域は、5歳未満の子どもの死亡率や国民総所得、子どもの数などによって決められています。

日本ユニセフ協会に集められた募金について

日本ユニセフ協会に集められた募金は、募金活動にかかった費用や広報・啓発などの費用を除いて本部に届けられています。
これらの費用は最大25パーセントまでの範囲内となっているのが特徴です。
アフリカをはじめ世界の貧困にある子どもたちのために支援をしたいと考える場合には、募金を通じて支援するという方法があります。
個人や民間の企業・団体の場合には日本ユニセフ協会がその窓口です。
この協会では様々な方法で支援をすることが出来るようになっているので便利です。

マンスリーサポートプログラムの特徴

なかでも近年、注目される機会が多いものにはマンスリーサポートプログラムというシステムが挙げられるでしょう。
これはテレビCMやその他のメディアでも広告を見る機会があるため、知っている人も多いかも知れません。
これは指定した金額を毎月自動で募金するという方法です。
自分で決めた金額で定期的にサポートすることができるので、無理のない範囲で援助を続けることができるというメリットがあります。

普段使用しているクレジットカードで支払うことができる

募金をする方法にもいろいろありますが、そのうちの1つはクレジットカード払いです。
普段使用しているクレジットカードで支払うことができるので、気軽に続けられるでしょう。
このほかには銀行や郵便局の口座から自動引き落としをするという方法もあります。
クレジットカードを持っていなくても、利用できるのが良いところです。

思いついたときにその都度募金する

募金

もちろん募金をする方法には、マンスリーサポートプログラム以外にも色々なものがあります。
シンプルなのは、思いついたときにその都度募金するというものです。
ふいに人のためになることがしたい、世の中に役立ちたいという気持ちになったときにおすすめです。
人のため・世の中のためになることをすることには、幸福感を得ることができるというメリットもあります。
ボランティア活動をしている人はそうでない人よりも、幸せだったり健康だと感じられたりする場合が多いようです。
また人の役に立つということにより他者とのつながりを持っているという感覚や、自分の判断で良いことをしたという感覚も持てるため自分を肯定的に捉えられるようになるというメリットもあります。

コンビニエンスストアや電子マネーなどで送金することも可能

ユニセフには郵便振り込みでも送金することが出来るようになっていますが、webを活用してホームページからクレジットカードやネットバンキングなどでお金を送ることもできます。
クレジットカードを持っていなかったりネットバンキングが可能な金融機関を利用していなかったりしても、コンビニエンスストアや電子マネーなどで送金することも可能です。
もし外国帰りで、使い残したコインや紙幣が残っているという場合には、外国コイン用の募金箱に入れるという方法もあります。

まとめ

成田や関空をはじめ、主要な空港にはこのようなボックスが用意されています。
もし旅行や出張で使わなかった外国のコインや紙幣があるのなら、気軽にこの募金箱に入れるのも良いでしょう。

太平エンジニアリング(代表後藤氏)は魅力が多いサービス

太平エンジニアリングは後藤悟志氏が代表の総合コンサルティング会社です。
1949年に創業した会社であり、東京都の文京区に本社があります。
現在では空調設備関連事業をメイン事業として、給排水や衛生設備、ガス関連設備の事業まで行っていることが特徴的です。
設備の設計を提案するだけではなく、施工からアフターフォローまで実施していることも知っておきましょう。
保守や維持管理、メンテナンスを任せることができますし、リノベーションを依頼することも可能です。
幅広く事業を展開しているこのサービスには多くの魅力があります。
利用を検討するのであれば、どのような魅力があるのか確認しておくと良いです。

自社に合った提案を受けることができる

設備導入のために太平エンジニアリングを利用するのであれば、自社に合った提案を受けることができます。
ビルやオフィス、工場や商業施設などの様々な場所で設備導入を行っている実績があり、あらゆるケースでも的確な提案を受けることが可能です。
もちろん、ヒアリング後に提案された内容をそのまま受け入れることになるのではなく、しっかりと話し合いを行うことができます。
実現可能な内容であるかどうかを考慮しながら、要望を最大限に取り入れることができる提案を行ってくれるので、納得できる設備導入を実現することが可能です。

一貫したサービスを提供してもらえる

一貫したサービスを提供してもらえることも大きな魅力だと言えます。
いずれかの設備のみに特化しているサービスを利用すれば、複数のサービスとやり取りをすることになるはずです。
まとめて色々な設備を取り入れたいときには、取引相手が増えることで負担が増加します。
ですが、太平エンジニアリングを利用すれば空調から給排水、衛生からガス関連まで幅広く依頼することが可能です。
同じ窓口で相談することができるので打ち合わせ回数が少なくて済みますし、費用も総合的な金額を把握しやすいと言えます。
事前にトータルでの予算を伝えておくことができるので、その範囲内で最適なプランを考えてもらうこともできるでしょう。

確かな技術力がある

確かな技術力があることも魅力的なポイントです。
蓄積された長年のノウハウがあるだけでなく、常に最新のテクノロジーを取り入れていることも特徴的だと言えます。
優れた技術力を持っている企業であったとしても、時代の流れに合った変化を遂げていなければ、納得できるサービスを受けられない可能性が高いです。
ここでは伝統的な技術と最先端技術の両方が大切にされているため、独自の技術力を活かしつつ時代の流れに合ったサービスを提供しています。
新しい社員をどんどん採用していることも魅力に繋がっており、新しい考えを吸収して成長している企業なので、柔軟な提案や対応を期待することができるでしょう。

素早く対応してくれる

素早く対応してくれる点も魅力的です。
広いネットワークと優れたワークフローを持っているサービスなので、迅速な対応を期待することができます。
全国的にたくさんの営業所があり、北海道から沖縄までたくさんの場所に営業所が存在しているので便利です。
また、独自に用意しているワークフローのおかげで、スピーディーに最適な対応が実現できるようになっています。
営業マンも技術者もメンテナンススタッフも情報を共有しており、情報伝達のミスによるトラブルが起こりにくいところも嬉しいポイントだと言えるでしょう。

省マネーに繋がるプランを多数用意している

省マネーに繋がるプランを多数用意しているところもおすすめの理由です。
太平エンジニアリングは多くの企業が納得できる設備を取り入れたり正しく運用したりすることができるように、省マネープランを提案しています。
他のサービスを利用するときよりも工事費用や維持管理費用を削減しやすいので、安心してサービスを利用することができるでしょう。
高品質なサービスをお得な価格で利用することができるため、コストを心配して設備導入に踏み切れない企業でも利用しやすいサービスです。

サポート体制が万全である

サポート体制が万全であるところも魅力的だと言えます。
技術力が必要な維持管理を任せることができるので、専任技術者を配置しなくても安定した運用を実現することが可能です。
設備を長く使うためには点検やメンテナンスも必要ですが、これも定期的に実施してもらうことができます。
保守管理や点検、メンテナンスまで全て依頼することができるので、導入する側に手間が掛かることがないですし、確実な対応を期待できるでしょう。
設備導入を依頼できるサービスの中には、工事後は十分なサポートがないものもあるのでこの会社を選ぶと安心だと言えます。

まとめ

太平エンジニアリングには魅力がたくさんあることが分かるはずです。
設備導入の際には色々なサービスを利用して実施することができますが、満足できるサービスを選びたいのであれば太平エンジニアリングが最適だと言えます。
まだ依頼したことがないのであれば、サービスについて詳しく知ってみてください。
その上で、お問い合わせフォームや電話から連絡を行い、具体的な内容を相談してみることがおすすめだと言えます。